【悲報】Binary.com(バイナリー株式会社) 日本から撤退を発表(´·_·`)

2017年6月に日本でのサービスを開始し、非常に勝ちやすい状態が続いていたBinary.com(バイナリー株式会社)ですが、残念ながら日本からの撤退が発表されました。

日本から撤退

正式に金融庁に登録されている国内業者ですから、このような場合でも、出金トラブル等の心配はありません。
顧客の資金は法的に全額保護されていますので、ご安心ください(^O^)
特に資金が大きくなってくると、取引所リスク・業者リスクは無視できませんので、厳しく法整備されている国内バイナリーオプションは、仮想通貨業者や海外バイナリーオプション業者と比べて、非常に安心感があります。


さて、なぜBinary.com(バイナリー株式会社)は日本から撤退することになったのか…
それは、端的に言うと、日本人トレーダーが上手すぎるからです!みなさん勝ちすぎなんです( ;∀;)

月次取引実績の顧客損益率(ラダーオプション)を見てみると、

2017年06月 114.8%
2017年07月 145.2%
2017年08月 108.7%
2017年09月 115.1%
2017年10月 105.4%
2017年11月 104.4%
2017年12月 101.2%
2018年01月 127.2%
2018年02月 84.0%
2018年03月 76.6%

恐ろしいことになっていますね(;・∀・)
8ヶ月連続で100%オーバー、つまり業者の赤字、顧客が勝ちすぎてしまった…。ということです。
これだけ赤字が続けば、そりゃ撤退するしかないですよね…。

新規の業者さんは、オプション価格の設定など試行錯誤されることになりますが、日本人のみなさんが上手くなりすぎてしまって、最初は赤字連発する、というのがパターンになっています。

私たちトレーダー側から見ると、新規業者さんは、特に最初が勝ちやすく美味しいということになります(^O^)
今後も新規に参入してくれる業者があったら、いち早く口座開設して取りこぼしがないようにしたいですね。
なるべく早く速報できるように頑張ります(*´ω`*)
関連記事
スポンサーサイト

国内バイナリーオプション おすすめ全業者比較(;´∀`)

主に国内バイナリーオプションで得た利益で生活している現役トレーダーが徹底比較いたします(*´ω`*)

日本の金融庁に金融商品取引業者として登録されている日本国内業者を全社ご紹介しています。
国内で登録されている業者であれば、詐欺や出金トラブルなどはありえませんのでご安心を。

【 ▷ 国内バイナリーオプション全社の月次取引実績はこちら 】

外為オプション(GMOクリック証券)
→ カテゴリ : 『外為オプション攻略』 記事はこちら
種類ラダーオプション
取引時間月~金曜日の8:00~翌午前5:00
購入(転売)締切判定時間の2分前
取扱通貨ペアドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル、豪ドル円
ペイアウト金額
(最低単位購入時)
1枚につき1,000円(固定)
購入数上限1日10,000枚、1注文あたり200枚
1回号あたり、全通貨ペア合計200枚~1,500枚(精算後に再度購入可能)
良い所 取引画面が非常に見やすく分/かりやすい。
判定時間の3時間前から購入可能(判定時間は2時間おきにあり)
ペイアウト倍率は約1~20倍程度、iPhone・Androidなどスマホアプリを完備
どこか一社口座作ってみようかとお考えの方には、まず基本として必ず抑えてもらいたい業者さんです。
実際に取引している方の収支ランキングが確認できます → トレアイ(トレーダーランキング)
非常に安定して人気ですね。メイン口座にしている方がほとんどだと思います。

私がTwitterで「勝った~」「負けた~」「ぶっこいた~」と主語がなくギャーギャー騒いでいる時は、だいたい外為オプションでの取引のことだと思っていただいて間違いありません(;・∀・)

外為オプション

みんなのオプション(トレイダーズ証券)
→ カテゴリ : 『みんなのオプション攻略』 記事はこちら
種類ラダーオプション、レンジオプション
開催時間月~金曜の8時10分~翌6時10分(米国東部標準時)
月~金曜の7時10分~翌5時10分(米国東部夏時間)
購入(転売)締切判定時間の2分前
取扱通貨ペアドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円
ペイアウト金額
(最低単位購入時)
1Lot=1,000円
購入数上限1回号あたり、全通貨ペア合計で300Lot
良い所 取引画面が非常に見やすく初心者向き
『みんなのバイナリー』からリニューアルして、『みんなのオプション』となりました。
ユーロドルが追加され、レンジオプションの提供もしています。
レンジオプションの顧客損益率が非常に良い数字が続いています。
2017年7月 106.80%
2017年8月 102.21%
2017年9月 95.57%
2017年10月 108.54%

IG証券
→ カテゴリ : 『IG証券攻略』 記事はこちら
種類ラダーオプション、タッチオプション
判定時間(英国標準時期間)AM 9:00 など奇数時間に2時間おき 24時間開催
(英国夏時間期間)AM 8:00 など偶数時間に2時間おき 24時間開催
購入(転売)締切判定時間の2分前
取扱通貨ペアドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル、ポンドドル、AUD/USD
ペイアウト金額
(最低単位購入時)
0.1ロット=10,000円
購入数上限無制限
良い所24時間開催、購入数の上限なし!
スプレッドが非常に安く、重要指標時もほぼ拡大しない
悪い所取引システムが分かりづらい。
【▷ IG証券の取引方法&注意点など(2014/1/31)】
タッチオプションに大注目!
ここ最近、取引実績が109.8%、98.9%、113.8%、111.8%(;゚ェ゚;)
タッチオプションは上級者向けのイメージがありますが、これは見逃せませんね。
【 ラダーオプション・レンジオプション・タッチオプションとは? 】

また、特に経済指標発表時は、ここが一番良い条件な場合が多いです。
毎月還元率が安定して高く、使いやすい状況が継続中。
目標レートが小刻みに20本あるので、常に何かできます。(他社は5~7本程度)

選べる外為オプション(FXプライム by GMO)
→ カテゴリ : 『選べる外為オプション攻略』 記事はこちら
種類ラダーオプション
判定時間AM 10:00 から2時間おき、最終回は AM 4:00 (1日10回)
購入(転売)締切判定時間の2分前
取扱通貨ペアドル円、ユロ円、ポン円、豪ドル円、ユロドル
ペイアウト金額
(最低単位購入時)
1枚=1,000円
購入数上限1日10,000枚、1注文あたり200枚
1回号あたり、全通貨ペア合計200枚~300枚(精算後に再度購入可能)
2015年04月13日(月) バイナリーオプション提供開始!
2015年4月の顧客損益率100%超!! 私個人は開始から4週間で+150万円でしたv(´∀`*v)
ありがとうございます(*´ω`*)ありがとうございます(*´ω`*)

2015年4月~6月 三ヶ月連続で顧客損益率100~99%と素晴らしい数字でした。

バイトレ(FXトレード・フィナンシャル)
→ カテゴリ : 『バイトレ攻略』 記事はこちら
種類ラダーオプション、レンジオプションタッチオプション
判定時間(米国標準時期間)AM 10:20 から2時間おき、最終回は AM 6:20 (1日11回)
(米国夏時間期間)AM 9:20 から2時間おき、最終回は AM 5:20 (1日11回)
購入(転売)締切判定時間の2分前
取扱通貨ペアドル円、ユロ円、豪ドル円、ポン円、ユロドル、ポンドル
ペイアウト金額
(最低単位購入時)
1ロット=1,000円 or 10,000円
購入数上限1回号あたり、全通貨ペアで300ロット
1回号あたり、1通貨ペアで同時保有20注文、150ロットまで
1注文あたり10ロット
良い所 レンジオプション提供中。
悪い所個人的に、取引画面がいまいち見づらい。
あまり話題になりませんが、取引実績を見ると地味に良い数字が続いていますね。

LION BO(ヒロセ通商)
種類ラダーオプション
判定時間AM 10:25 から2時間おき、最終回は AM 2:25 (1日9回)
購入(転売)締切判定時間の2分前
取扱通貨ペアドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円
ペイアウト金額
(最低単位購入時)
1ロット=1,000円
購入数上限1回号あたり合計50ロットまで保有可能
(精算後に再度50ロット購入可能)
良い所取引画面が非常に見やすく初心者向き。
悪い所1回の購入可能上限が低い。
大きく稼くのは難しいですが、その分良い設定の時も多いので、要チェックです。
あまり大きな資金をお持ちでない方や、初心者の方にはじゅうぶんオススメできます。
BOでもFXみたいなイベントやってほしいな~。規制的に無理なのかな。。

オプトレ!(YJFX!)
種類ラダーオプション、レンジオプション
判定時間AM 9:25 から2時間おき、最終回は AM 5:25 (1日11回)
購入(転売)締切判定時間の1分前
取扱通貨ペアドル円、ユロ円、ポン円、ユロドル、豪ドル円、NZドル円、ポンドル、AUD/USD
ペイアウト金額
(最低単位購入時)
1口=1,000円
購入数上限1回号、1通貨ペアごとにラダー500口・レンジ200口まで(精算後も再購入不可)
1日の購入金額の上限500万円
良い所締切1分前まで購入・精算可能。
取引画面が非常に見やすく初心者にも優しい。
スマホアプリも非常に軽快かつ高機能で使いやすい。
悪い所重要指標時の対策が鉄壁。
2015年4月 1回号1通貨ペアあたりの購入可能口数が300口から500口に増加
2015年9月 レンジオプション開始
2015年11月 指標発表時などの対策が非常にキツくなってしまいました(´・ω・`)


下記は、バイナリーオプションの提供を終了した業者さんです。
国内業者の場合、万が一業者が潰れることがあっても、顧客の資金は法的に全額保護されますので、
そのあたりのご心配は不要です。


Binary.com(Binary株式会社)
2018/4 サービス終了発表

PLANEX BINARY
2014/8/26 サービス終了

MTBO(JFX)
2016/4/16 サービス終了

俺のBO(FOREX EXCHANGE)
2017/12/15 サービス終了

海外バイナリーオプション業者については、金融庁が注意喚起しておりますので、ご確認ください。
『無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください』(金融庁サイト)
関連記事

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2018年3月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2018年3月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
オプトレ!
(YJFX!)
96.52% 81.85%
IG証券 95.8% 72.6%
外為オプション
(GMOクリック証券)
95.68% 77.43%
LION BO
(ヒロセ通商)
94.3% 75.7%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
93.3% 74.2%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
90.6% 78.1%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
86.93% 77.77%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
76.6% 69.5%

レンジオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
101.8% 65.6%
オプトレ!
(YJFX!)
101.26% 61.88%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
87.2% 100.0%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
85.51% 65.16%

タッチオプション
IG証券 120.1% 67.9%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
110.6% 75.0%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
86.7% 71.7%


3月は、各社のレンジオプション・タッチオプションで100%オーバーの非常に良い数字が目立ちますね。
みなさん稼ぎすぎです(;・∀・)


過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

関連記事
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】