トレード環境を晒してみる(*´ω`*)

特に株式のデイトレーダーなど、複数画面でのトレード環境にこだわっている方が多いですよね。
私もトレード環境を晒してみます。使っているアイテムや便利なアプリをご紹介していきますね(*´ω`*)

IMG_0895.jpg

全体像はこんな感じです。各種ウィンドウはバイナリーオプションメインの配置にしてます。
モニターは27インチ×4枚です。トータルの大きさは55インチのTVとほぼ同じ、結構デカイです。


4画面のうち3画面はメインPCと繋ぎ、1枚はサブPC用にしています。
(メインPCはテレビにも繋いでいるので、合計4画面+サブPC1画面です)

デスクは、ホームセンターで買った板を塗装して組み立てた自分専用です。(暇人とか言うのは禁止です。)
↓パソコン本体やプリンターなど、ピッタリ収納してみました。

IMG_0924.jpg

メインもサブも2年以上前に組んだパソコンなので、結構古くて無駄にデカイです…。
最近組んだサブPC2は非常にコンパクトですね。


猫と比べてこのサイズ!
本当に省電力・省スペースで便利な世の中になりましたね。
ぶっちゃけ、一般の方が家庭で使う分には、これで十分すぎると思います(;・∀・)

自作PC初心者でも比較的扱いやすい、ベアボーンキットというものを利用してます。
↓私が使ったのは『Shuttle ベアボーンPC DH110』です。

WS0105243.jpg

ペアボーンキットとは、PCケース・マザーボード・電源・CPUクーラーが一体となったものです。
あとは予算に合わせたCPU・SSD・メモリを別で用意して、プラモデルのように組み立てるだけ。
まぁ、自作は少しハードルが高いと思うので、その辺はまた別の機会に。



さて、
私は足をオットマンに投げ出してダラダラしていることが多いので、椅子は机よりかなり手前に置いています。
そんなわけで、キーボードやマウスはスライダーで手元に伸ばせるようにしています。

↓手元はこんな感じ。

IMG_0922.jpg

テンキーレスのキーボードにすることで、右手の移動距離を短くしています。小さなこだわり(^o^)


ここで、あれ?と思われた方がいらっしゃるかもしれませせん。
私は、複数のパソコンを使用していますが、キーボードとマウスは一組だけしか設置していません。

これは、家庭内LANで繋がれたパソコンでキーボード・マウスを共有できる、Synergyというソフトを使用しています。
現在は有料ソフトになってしまったようですが、Ver.1.7.6などの古いヴァージョンを探せば無料で使えるはずです。

【追記】
現在は、Microsoftが同等のソフトを配布していると教えていただきました。そっちの方がいいかも^^;
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/mouswithout/



WS0105242.jpg

複数のパソコンを、マルチモニターのように使用でき、非常に便利です。
この場合、メインPCの画面左端にマウスカーソルを移動すると、サブPCの右端からマウスカーソルが出てくる感じです。

一度設定しておくと、サブPCを起動するだけでメインPCに繋がりますので、サブ用のキーボード・マウスは不要です。
これは本当に、私にとって無くてはならないソフトとなっています。



椅子はド定番ですが、アーロンチェアを使用しています。
運動不足で腰痛が酷かったのですが、大量の椅子を試して試して、結局アーロンチェアに落ち着きました。

WS0105238.jpg

高いですけどね。それだけの価値はあります。
一時は専用のヘッドレストを付けていたのですが、結局あまり使用しなかったので外しました。

ちなみに、足元でゴロゴロしている猫をキャスターで轢かないように、キャスターを固定脚に付け替えています。
引っこ抜いて、差し替えるだけです。
汎用のもので大丈夫ですが、ハーマンミラーの椅子は中心部分が下に飛び出ているので、背の高い脚でないとダメです。
まぁ、普通は必要ないとは思いますが、もし付け替える方は「高い脚」って思い出してくださいね。

IMG_0917.jpg



さて、もう一度モニターの話に戻ります。
椅子を手前に設置している都合で、必然的にモニターもデスクのかなり手前に設置しています。

IMG_0886.jpg

デスク上はかなりのデッドスペースになりますが、猫の餌場とアスレチックスペースで、まぁええかなと^^;
本当は本棚でも置けばよいのかもしれませんが、あまり本を読まないので…。

モニターアームは、これまたド定番ですがエルゴトロン製を使用しています。
少し高いですが、性能は抜群です。重いモニターでもしっかり支えて、動かしたい所にスッと動いてピタッと止まります。
デュアルモニター用や、延長アーム等もあるので自由に配置できます。これはマジで抜群に良いです。

WS0105239.jpg

ただし...
分かる人には分かると思いますが、エルゴトロンのモニターアームの唯一の欠点は、長いポールがないことです。
解決策として、ポールの太さがほぼ同じサンコーのモニターアーム用ポールが流用できます。
私も↓のポールからエルゴトロンをニョキニョキはやしています(*´ω`*)

WS0105240.jpg


あと、モニター関連で私が気に入っているのが、↓こちらの手元スイッチです。

IMG_0901.jpg

モニター4枚を繋いだ電源タップを、手元スイッチ経由にすることで、4枚まとめて電源オンオフが可能になります。
ちょっと席を離れる時など、ワンタッチでまとめてオンオフ可能なのでとてもオススメです。



長くなってきましたが、まだいきますよ~。
トレーダーたるもの、時計は秒単位でピッタリ合わせる必要がありますよね。

私のパソコンの時計は、TClockというフリーソフトを使って、秒単位で表示しています。
かなり自由にカスタマイズできるので気に入っています。

IMG_0919.jpg

さらに、秒単位でピッタリ合わせるために、桜時計というフリーソフトで10分おきに時刻補正しています。
Windowsを起動する時に自動で起動する、スタートアップに登録しておくだけなので、とても簡単です。

WS0105241.jpg


また、パソコンだけではなく、置き時計も電波時計を使っている方が多いと思います。
私も電波時計を使用したかったのですが、マンションの壁が厚すぎるのか、電波を受信できませんでした。
そこで苦肉の策として、Wi-Fi運用のAndroid端末を電波時計代わりに使用しています。
携帯電話としての契約は不要ですので、中古で1,000円の端末でもなんでも構いません。

IMG_0920.jpg

シンプルなデジタル時計という無料アプリで常時時計を表示し、
ClockSyncという無料アプリで、自動的に時刻補正しています。
電波時計の電波が届かず困っている方がいらっしゃったら、試してみてくださいな。

【追記】
設定したのが昔すぎて忘れていました。。
Wi-Fi運用のAndroidで時刻を自動補正するためには、root化という作業が必要になります。
保証外の動作をさせることになるので、最悪動かなくなっても自己責任となります(;O;)





以上、ひじょ~~~に長くなってしまいましたが、私が便利だと思うものをご紹介させていただきました
ひとつでも、「お、使ってみよかな」と思っていただけたら嬉しいです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました(*´ω`*)
スポンサーサイト

Twitterはじめました(;´∀`)

今更ですが、やることなくて暇なんでTwitterはじめました。

https://twitter.com/23_fusafusa

WS101429.jpg


現在、外為オプションは仮引退中。
意味のある内容を発信できるかは分かりませんが、誰も見てくれないと寂しいからフォローしてね(;´∀`)

再び、ストレスレスチェア買ったど~v(´∀`*v)

当ブログには、『ストレスレスチェア』という検索ワードで訪問してくださる方も多くいらしゃいます。
以前の記事は、「一目惚れしたストレスレスチェアを衝動買いしたものの、いまいち使いこなせずに返品した」という、あまり内容のない記事でしたので、せっかく来ていただいた方には申し訳ありませんでした。。

その後も色々検討した結果、やっぱりストレスレスチェアを超える椅子はない!ってことで、再度購入するという結論に至りました。優柔不断すぎて大変お恥ずかしい(∀`*ゞ)




前回の失敗は、単純にサイズが体に合っていなかったというのが一番大きかったです。
私は、身長182cm座高100cmという非常に残念な胴長体型でして、Mサイズでは小さかったですね^^;

私が今回購入したのは、こちら↓。エコーネスのストレスレスチェア ボイジャー(L)です。
img027.jpg
受注生産の仕様を注文したため、5ヶ月待ちでまだ実物は届いていないんですが…
せっかく色々調べたり試したりしてきましたので、覚えているうちにここにまとめておきます(;´∀`)

ボイジャーは、日本では2013年7月から取扱開始ですので、現在はストレスレスチェアのショールームか、先行販売していた高島屋くらいにしか展示がありません。8月頃からは各家具店で順次展示されるそうです。

実物をご覧になりたい方は、ストレスレスチェアのショールームへ行かれることをオススメします。
国内取扱品がズラッと並んでいて、過度の営業もなく、好き勝手にのんびりと試座することができます。
ショールームなんて言われると大げさな気がしますが、一般の店舗と同じようにフラッと立ち寄って全然OK。

WS101327.jpg



欲しいモデルが決定したとして、実際にどこで買うのが良いかという問題ですが、
ストレスレスチェアはネット販売が規制されているようで、価格を調べるのも一苦労ですよね。
どのくらい値引きを受けられるのか、最安値はどのくらいなのかを知りたい方も多いかと思います。

私が実際に購入したのは、大塚家具です。
店舗内のそこらじゅうに、『国内最安値保証』と書いてあるとおり、大塚家具で取り扱いのある家具でしたら、ほぼ間違いなく最安で購入することができると思います。(処分品、アウトレット等を除く)
もちろん送料も無料ですし、開梱設置まで全てやっていただけますので安心です。

現在、大塚家具ではストレスレスチェアは定価の20%OFFで販売されています。(2013年7月)
時期や他社の状況によっては変動する可能性がありますのでご了承ください。

【追記】他店でも「大塚は20%OFFだった」と伝えると、あっさり同じ値段まで下げてくれることも多いようです。
複数店で交渉すれば、あと数%の値引きや、値引きが無理でもクリーナーなどのオマケを付けてもらえる可能性が高いかもしれません。



さて、私はストレスレスチェアのボイジャー(L)を選択したわけですが、
もちろん他のモデルや、他のブランドの製品とも比較を行いましたので、その辺について少し詳しく。

私が候補として考えたのが、ストレスレスチェアのマジック、ベガス(レノ)、ロイヤル、
他社では、カリモクのTHE FIRST(ザ ファースト)シモンズのフィヨルド(旧ノーザンコンフォート)あたりです。

→ ストレスレスチェアの最新のカタログはこちらからダウンロードできます。
国内取扱とあるモデルは納期10日程度、受注生産品は約5ヶ月待ちです^^;

私が購入したストレスレスチェアの最新作
ストレスレスチェア ボイジャー(M) 定価:408,450円
ストレスレスチェア ボイジャー(L) 定価:423,150円


お尻から腰、肩にかけてのフィット感がとにかく抜群です。
さすが最新作です。前作マジックよりも更なる進化を感じます。
無駄を省いたシンプルなデザインも、個人的には凄く好き。
ホームシアター等で、後ろのスピーカーからの音も聴きやすいように、という意味もあるそうです。
ヘッドレストの角度は他モデルと同じように動作します。
(Lサイズは受注生産で5ヶ月待ち)
voyager.jpg

ボイジャーの次に新しいモデル
ストレスレスチェア マジック(S) 定価:409,500円
ストレスレスチェア マジック(M) 定価:414,750円
ストレスレスチェア マジック(L) 定価:436,800円


スッキリしたデザインです。
ヘッドレストを高く上げると、背もたれと隙間ができてしまうのが、少し間抜けのような気がしなくもない。
(Lサイズは受注生産で5ヶ月待ち)

magic.jpg

ストレスレスチェアのスタンダードモデル
ストレスレスチェア タンパ(S) 定価:332,850円
ストレスレスチェア レノ(M) 定価:360,150円
ストレスレスチェア ベガス(L) 定価:387,450円


CMにも登場している大ベストセラーモデルです。
デザインは、古き良き北欧家具という感じで好き嫌いあるかも。
非常に柔らかく、包み込まれるような座り心地で、廉価モデルと比べて、明らかに一段階上の座り心地です。
このモデルは、Lサイズも国内在庫があります。

reno.jpg

最上位モデル
ストレスレスチェア ロイヤル(M) 定価:459,900円
ストレスレスチェア ロイヤル(L) 定価:469,350円


大人の書斎に似合いそうな渋い一脚。
最上級の皮革ロイヤリンが標準仕様。非常に柔らかいです。
座り心地は大変良いのですが、ヘッドレストが固定なので、自分の体型に合うかどうか、試座必須です。

royal.jpg


他のブランドでオススメなのは、まず、国内の高級家具メーカーカリモクのTHE FIRST(ザ・ファースト)です。

WS1013342.jpg


北欧のトップブランドと比べても全くひけをとらない、素晴らしい高級感と機能性を持ち合わせています。

ザ・ファーストは、革張りだけでなく、布張りも選ぶことができます。
革張りの方が、高級感があり、耐久性やお手入れのしやすさに優れますが、肌触りや価格の面で、布張りの方が好みの方も多いかと思います。布張りだと、滑り止めの効果も高く、フィット感がより強くなります。
個人的には、布張りの方が座り心地は良かったです。ただし、やはり汚れは心配。

また、ヘッドレストの動作がストレスレスチェアとは少し異なります。
ストレスレスチェアは、リクライニングすると自動的にヘッドレストが持ち上がり、テレビ視聴などを自然にサポートしてくれます。また、手動の操作でフラットにすることも可能です。
ザ・ファーストも、リクライニングすると自動的にヘッドレストが持ち上がってくるのですが、更に深くリクライニングすると、自動でフラットに戻るようになっています。もちろん、仮眠する時などはフラットにしたいですが、個人的には、勝手にフラットにならずに、自分で選べるストレスレスチェアの方が良いかな、と思います。

基本は4種類のモデルになるのですが、カリモクのショールームには、様々な張り地で大量に展示してありますので、色々試してみるのがオススメです。

残念ながら、カリモクは大塚家具での取り扱いがありませんので、最安値を調べるのは大変です。
実際に購入される場合は、展示取り扱い店を回って見積もりを取ってみるしかありません。
あまり値引きはできないようなので、ネットでポイントが沢山つく店舗で買ってしまっても良いかと思います。



最後は、高級ベッドでお馴染みのシモンズのフィヨルド(旧ノーザンコンフォート)です。

WS101335.jpg

展示している店舗がほとんどないので、実物を見たい場合は、やはりショールームへ。
ストレスレスチェアのMサイズ相当しかないようなので、大きいサイズが欲しい私は除外しました。

ドラム式洗濯機のかさ上げ工事

突然ですが、ドラム式洗濯機のかさ上げ工事ってご存知ですか?
あまりネット上に情報がないので、私の経験談を載せときます(;´∀`)

31HwCsb2fDL.jpg
hmd-5500 高さ調整・防音・防振ゴムマット ¥ 2,480 通常配送無料

かさ上げ工事とは、↑こんな感じの、5cm~10cm程度の台の上に洗濯機を設置する作業のことです。

洗濯パンにそのまま洗濯機を設置していると、排水口が真下にきてしまって手が届かない場合があります。
そうなると、マンションで定期的に行われる排水口の高圧洗浄ができませんので、管理会社から「次回までにかさ上げしといてください」なんて言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
また、特にドラム式洗濯機の場合、糸くずが多く出る&節水が進んで排水能力は低下、ってことで、定期的な排水口清掃をしないとかなり危険、らしいです。水漏れ事故でも起こしたら大変よね。

とはいえ、ドラム式洗濯機は重量が100kg近くあり、左右が壁だったりすると、素人には作業は非常に困難。
管理会社の紹介業者に依頼すると、費用は軽く2万~3万ほどかかるとのこと(´・ω・`)

んなアホな、とネットで調べてみても、やはりそのくらいが相場のようです。
こういう業者って、洗濯機を傾けたりして壊さないように、専用の小型クレーンで慎重に作業するみたいなので、費用も高額になります。でもさ、そこまで慎重にやっていただかなくても良いと思いませんか?
そんなにデリケートな物なら引っ越しのたびに壊れるがな…。

そんなこんなで色々調べて辿り着きました、ヤマトホームコンビニエンスの「家具移動サービス」です。
WS101256.jpg

このサービスを利用すると、5,250円ポッキリで大丈夫でした。
作業員は本来引っ越しのプロですから、もちろん洗濯機の扱いなんかお手の物です。
電話での見積もりだと、移動のみ行い、給排水ホースの接続作業などは自分でやるという約束でしたが、
実際には全てサービスでやっていただき、作業完了後の動作確認まで丁寧に行なっていただけました。
(全ての作業員がやってくれるかは分かりませんが、動作確認のためにたぶんやってくれます^^;)

* ご注意 *
同じヤマトホームコンビニエンスの違う部署である、「家電工事サービス」に依頼すると、洗濯機の取り外し・再設置など、細かく費用が加算されて結局2万円くらいになります。依頼する電話番号が違うのでご注意を。


そんなわけで、我が家のBeforeAfterはこんな感じに↓

IMG_1496.jpg

10cm高くすることで、排水口へのアクセスが容易になりました。日頃の清掃も捗りますな。
また、ゴム製の台に乗せることで、防振防音の効果も思ったより高かったです。とっても静か。
ついでに洗濯物の出し入れするときに、あまり屈まなくて良くなるので腰にも優しかったりで大満足(;´∀`)


ちなみに…、かさ上げを行う際には、上部のスペースも確認が必要です。
給水用の水栓が邪魔になる場合は、壁ピタ水栓などの薄型の物への交換が必要です。
(水漏れ防止のシールテープは同梱されていますので、別途購入は不要)

交換後は↓こんな感じ。
IMG_1497.jpg

これの交換は非常に簡単。
やり方は説明書に記載してありますので、ある程度力のある男性でしたら、自分で行うことができます。

オカムラ ガーデンコートショールーム行ってみた(;´∀`)

新しいワークチェアの購入を検討していまして、オカムラ製で気になる椅子が多かったので、
先日、オカムラ・ガーデンコートショールームへ行ってじっくり試座してきました(;´∀`)

【気になった椅子のレビューなどはこちら → そのうち更新予定】

オカムラ・ガーデンコート・ショールーム
東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート3階
営業時間:月~金曜日9:00~18:00、土曜日10:00~17:00

詳しい場所はコチラです↓
WS000686.jpg

入口がどこなのか、少しややこしいですが、橋を渡って一番手前が、ガーデンコートの入口です。
エレベーターホールを抜けて、奥のエスカレーターで3Fへ上がると目の前がショールーム受付。

受付で「自宅用に椅子を見たいんですけど」と言うと、「名刺出すか記帳してね」と言われます。
記帳は名前だけでもOK。ショールーム内の地図をくれますので、あとは勝手にウロウロしましょう。
受付のお姉さんにお願いすれば、付きっきりで色々案内してもらうこともできます。

ショールーム内は↓こんな感じですが、ワークチェアは受付のすぐ奥のスペースに大量に展示してあります。
クルーズ&アトラスだけは違う場所にあります。勝手に行ってもいいですし、案内してもらってもいいでしょう。

showroom-map2010.gif

↓で紹介されている椅子は大抵展示してあったと思います。
http://www.okamura.co.jp/product/seating/

特に、コンテッサ、バロン、ヴィスコンテあたりは色々なパターンで大量に展示してありました。
エルシオ・ラクソスはオットマン・サイドデスクとセットで1セットずつ。
デュークは、革張り、布張り、スエード張りをそれぞれ展示。
クルーズ&アトラスだけは違うコーナーで1セット展示されているので注意。

何でもその場で聞くことができますし、一人でゆっくり心ゆくまで試座することも可能です。
高い買い物ですからね、購入検討中の方は、是非一度ショールームへ行ってみることをオススメします。

オカムラ以外も、有名チェアはひと通り試してみましたので、暇な時に感想などをまとめてみたいと思います。
【気になった椅子のレビューなどはこちら → そのうち更新予定】
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】