カテゴリ:IPO(新規公開株)とは? の記事一覧


||

IPO(新規公開株)とは?

今後、IPO(新規公開株)に積極的に参加していきたいと思います。
私もまだまだ初心者ですので、自分の勉強の意味も含めてまとめてみました。

IPOとは、新たに証券取引所に上場される株式のことで、一般投資家も抽選などで入手できます。
上場前に公募価格で購入でき、上場後の初値よりも割安になる場合が多いため大変人気があります。

簡単に言うと、抽選に片っ端から応募して、当たったら初値売りするだけで、ほぼ儲かるだろうって話です。
もちろん簡単には当たりませんが、応募するだけならタダなので、とりあえず始めてみます(;´∀`)

IPOのスケジュール等は、↓のサイトを参考にさせていただきました。
トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報) http://www.traders.co.jp/ipo_info/ipo_info_top.asp



具体的な流れを、最近話題だった「株式会社オークファン」の場合を例に見てみると。

仮条件決定 4/9
仮条件 2,280 円 ~ 2,600円(100株単位)
ブックビルディング期間 4/10 ~ 4/16
公開価格決定 4/17
公開価格 2,600円
申込期間 4/18 ~ 4/22
上場日 4/25
初値 10,480円(+303.1%)

4/9 「2,280円~2,600円」という仮条件発表。この価格帯の中から、希望価格で申込ます。

4/10~4/16 ブックビルディング(BB)期間中に、希望者は購入意思表示をします。
基本的には抽選になりますので、希望価格は上限(成行)で出しておけばいいのかな?

4/17 公開価格決定、人気の銘柄なので上限2,600円で決定。同時に抽選の結果発表。

4/18~4/22 抽選に当選した場合、この期間中に実際に購入するかどうか決定し申込ます。

4/25 上場され、取引開始です。
オークファンの場合は、初値が10,480円ということで、公募価格の約4倍です。
100株当選した方は、初値で売るだけで78万円もの利益を得たことになります。羨ましいですね。



↓過去に上場された銘柄を、初値で売却した場合の勝敗。(2013年8月16日時点)
2013年 25勝0敗 勝率 100% 平均騰落率 +124.9%
2012年 49勝9敗 勝率 84.5% 平均騰落率 +63.3%
2011年 19勝14敗 勝率 57.6% 平均騰落率 +22.2%
2010年 10勝9敗 勝率 52.6% 平均騰落率 +24.1%
2009年 13勝4敗 勝率 76.5% 平均騰落率 +35.3%
2008年 20勝26敗 勝率 43.5% 平均騰落率 +18.3%
2007年 89勝29敗 勝率 75.4% 平均騰落率 +49.6%
2006年 159勝20敗 勝率 88.8% 平均騰落率 +77.0%
2005年 151勝3敗 勝率 98.1% 平均騰落率 +134.4%
2004年 165勝7敗 勝率 95.9% 平均騰落率 +100.8%
2003年 104勝13敗 勝率 88.9% 平均騰落率 +52.8%
2002年 91勝23敗 勝率 79.8% 平均騰落率 +34.6%

2005年~2006年あたりのIPOバブルと呼ばれた時代は凄いですね。
近年もアベノミクスにも乗って絶好調。IPOバブルの再来と呼ばれているとかいないとか?



さて、具体的にどこで申しこめば良いかということなのですが、
上場された後の株式のように、どこの証券会社でも取引できるわけではありません。

まず、主幹事証券と呼ばれる、新規上場を取り仕切る証券会社が決まり、
新規公開される株式は、幹事証券と、数社の引受証券に一定の割合で配分されます。

↓オークファンの場合はこんな感じです。
幹事証券 SMBC日興証券 272,000株
引受証券 SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
極東証券
32,000株
3,200株
3,200株
3,200株
3,200株
3,200株

残念ながら、全ての証券会社が一般投資家に配分してくれるわけではありません。
自社担当の株式を、どの顧客に配分するかは証券会社の自由なので、大手や対面のみの証券会社だと、 お得意様の機関投資家や富裕層に配分され、一般投資家にはほとんど回って来ないようです。

逆に、最近のネット証券の場合は、公平に抽選で配分してくれる所が多いです。
オススメの証券会社や、私の実際の申し込み状況・結果等についても、今後まとめていきたいと思います。

とりあえずですが、↓くらいは必須かな?
マネックス証券 - 100%完全抽選、一人一権利で完全に平等
SBI証券 - 外れるほど当たりやすくなるIPOチャレンジポイントあり
野村證券 - 貧乏人には回ってこないとの噂ですが、とにかく扱い件数、株数が多いので可能性は十分
SMBC日興証券 - 野村證券と同じく、幹事が多い

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ ← 実際にIPO投資を実践されている方々のブログ一覧

IPOのスケジュール等は、↓のサイトが非常に見やすくまとまってます。
トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報) http://www.traders.co.jp/ipo_info/ipo_info_top.asp
スポンサーサイト
FOREX EXCHANGE

外為オプション

IG証券
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン