FXニュース速報の自動更新ツール

FXや外為オプションをやるうえで、指標結果やニュース速報などの情報は非常に大切です。
各FX業者でニュース検索は可能ですが、自動更新で表示してくれるツールって意外とないんですよね。

そんなわけで今回は、FXニュース速報を自動更新で一覧表示してくれるツールをご紹介します。
オススメはLION FX(ヒロセ通商)の情報ツールです。口座開設するだけで、無料で使い放題。

↓こんな感じ。人気のFX WAVEのニュースを自動更新で表示。
WS000086.jpg(←クリックで画像拡大)

ちなみに、この『小林芳彦のマーケットナビ』というツールですが、無料のシグナル配信としても利用可能。
元カリスマディーラーの小林芳彦氏の売買方針(シグナル)、朝夕の市況レポートが全て無料です。
【 詳しくはこちらの記事にて → 小林芳彦のマーケットナビとは?(05/04) 】

これらの機能は、口座開設するだけで全て無料で利用可能です。入金すら不要です。
↓のように、取引量などに応じて大量の食品をくれるオモシロイ業者として超有名ですが…(;´∀`)

201203b.gif

実は、スプレッドや約定速度なども最高水準のFX業者ですから、普段使いの業者としても大変オススメです。
私が今のメイン口座として使用しているのもLION FX(ヒロセ通商)です。
特に、クリックしてから約定するまでの約定速度は相当速いです。私が15社くらい使ったなかでは最速。
ついでに、月曜早朝、他社より1時間早くオープンするのもグッド。(早朝のスプは広めなので注意)

ちなみに、口座開設&10万通貨取引で10,000円キャッシュバックのキャンペーン実施中ですが、
ポン円限定のキャンペーンなのでご注意を。 → キャンペーン詳細

スポンサーサイト

指標結果&FXニュース速報を最速で知る方法

FXや外為オプションをやるうえで、指標結果やニュース速報などの情報は非常に大切です。
個人で実現可能な本当の最速という意味では、有料の日経CNBCあたりだと思いますが、
現実的に、無料・速い・便利な方法で考えると、やはりツイッターが最強だと思われます。

そんなわけで、今回は、私がフォローしているFX関連のおすすめのアカウントをご紹介します。

@Foreland_Forex フォーランドオンライン 【配信内容】 指標結果速報、市況レポート、など
指標発表5分前に予想、発表数十秒後に結果を配信。
また、日経平均の動向や、海外市場での為替動向など、定期的に市況レポートを配信。

@SBILM SBIリクイディティ・マーケット 【配信内容】 指標結果速報、緊急市況、ニュース速報、など
指標発表数十秒後に結果を配信。
緊急市況、ニュース速報を配信。非常に情報が速いのでオススメです。

@fxrashinban 外為羅針盤 on twit 【配信内容】 緊急市況、ニュース速報、ディーラーの裏情報、など
複数の現役インターバンクディーラーの共有アカウント。
現役の市場関係者にしか分からない市況状況など、速報で配信。
非常に有益な情報も多いが、真偽不明の噂レベルの情報も多いので注意。


ついでに、ツイッター受信のオススメソフトもご紹介します。
↓あたりのソフトを使用すると、ほぼリアルタイムで受信可能、バルーン表示が非常に便利です。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/websupt/sns/tween.html
http://cheebow.info/chemt/archives/2007/04/twitterwindowst.html

↓こんな感じ。忙しい時でも、チラッと目線を送るだけで情報を確認できるので便利です。
WS000077.jpg

指標の予定を教えてくれるツール

【 指標結果を最速で知る方法は? → 指標結果&FXニュース速報を最速で知る方法 (03/07) 】

FXや外為オプションをやるうえで、経済指標の確認は欠かせません。
取引前に、1日1回は↓のサイトでスケジュールを確認しましょう。
http://www.foreland.co.jp/marketreport/calendar_detail.html

それでも、いざ指標の時間になると、「忘れていた!」なんてことはよくあります。
そんな人のために、指標の予定を教えてくれるツールを2つご紹介します。



まず1つ目は、FamilymanForexというフリーソフトです。 → ダウンロードはこちら

指標予定を自動で更新して、5分前や30分前など、指定した時間に音声でお知らせしてくれます。
通知する指標のランクなども細かく指定できて、非常に便利です。
ただし、こちらのソフト、何故か★★★★クラスの重要指標が抜けてたりすることが、たまにあります。
必ずご自分でも確認するようにしてください。

↓こんな感じ。普段はタスクトレイに収納できます。
WS000063.jpg

ニュース速報の機能もついていますが、これはあまり使い物になりません(;´∀`)
FX関連のニュース速報をいち早く知る方法は、また別の機会に。



もう1つは、MT4用インジケーターの00-EcoIndi.mq4です。 → ダウンロードはこちら

作者は有名なインジ作者、00(ダブルオー)氏です。さすがです。
表示させたい国やランクを細かく指定でき、指定した時間にアラートを鳴らすことも可能です。
週に一度、予定表をダウンロードする手間がかかりますが、MT4を使用している方にはオススメです。

↓こんな感じ。もちろん自由にカスタマイズ可能です。
WS000061.jpg


【 指標結果を最速で知る方法は? → 指標結果&FXニュース速報を最速で知る方法 (03/07) 】
 

経済指標とは?

【 指標を忘れやすい人のために → 指標の予定を教えてくれるツール (03/05) 】
【 指標結果を最速で知る方法は? → 指標結果&FXニュース速報を最速で知る方法 (03/07) 】

基本的なことですが、FXや外為オプションをやるうえで、経済指標の確認は欠かせません。
経済指標とは、各国政府等が発表する、GDPや失業率などの指標のことです。
発表の瞬間にレートがぶっ飛ぶことがありますので、指標のスケジュール確認を怠らないようにしましょう。

↓は2012年02月の米国雇用統計発表時のドル円の5分足チャートです。
WS000047.jpg

22:30の発表の瞬間に30pips近く跳ね上がっています。
最近はおとなしいですが、少し前までは、雇用統計で50pipsや80pips飛ぶのは当たり前でした。
指標を忘れていて、たまたま逆のポジションを持っていたらえらいことになります(;´∀`)

指標発表時は、レートが大きく動きますので、それを好んで取引する人も多いですが、初心者のうちは、
指標発表時は危険だからとにかく近づかない、と考えておいた方が良いでしょう。


指標のスケジュール確認は、↓のサイトが見やすくてオススメ。
http://www.foreland.co.jp/marketreport/calendar_detail.html

最低でも、アメリカ&ユーロ圏と、自分が触っている通貨の関係国の予定は確認しておきましょう。

★の数はその指標の重要度です。この業者が独自につけたものですが、どこでもほぼ同じです。

だいたいですが、↓こんな感じに思っておけばOK。
★~★★ ほとんど影響なし、無視しても大丈夫。
★★★~★★★★ 10pips~20pips程度レートが飛ぶ可能性あり。スプが拡大する業者も多い。
★★★★★ 忘れてたら死にます。30pisp~ぶっ飛ぶ可能性あり。ほとんどの業者がスプ超拡大。

もちろん例外もあります。
★★と表示されていても、バーナンキFRB議長やトリシェECB総裁などの超重要人物の講演等の場合、
発言内容によってはとんでもないことが起きることもありますので、注意が必要です。

次に、「前回」「予想」「結果」について、
例えばアメリカの指標の場合、結果が良ければ、ドル円は上に飛ぶ場合が多いです。
「良ければ」とは、前回より良い、ということよりも、市場の事前の予想より良いかどうかの方が重要です。
前回より良くても、予想より悪い場合は、下に飛ぶ場合が多いです。
結果が予想通りの場合は、すでに市場は折り込み済みで無反応の場合が多いです。

基本的には、一般人が結果を予測するのは不可能です。
例えば、最近のアメリカの指標は上が多いから、今回も上なんじゃないか?、予想が強気すぎじゃないか?
といった予想はある程度はたてられますが、ギャンブルの域を出ないでしょう。

【 指標を忘れやすい人のために → 指標の予定を教えてくれるツール (03/05) 】
【 指標結果を最速で知る方法は? → 指標結果&FXニュース速報を最速で知る方法 (03/07) 】

・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】