レンジオプションは 『バイトレ』 だけ(*´∀`*)

*追記* 2015年9月 オプトレもレンジオプションの提供を開始しました。


バイナリーオプションには、一般的に「ラダー」「レンジ」「ワンタッチ」の三種類がありますが、
先月の取引実績で、バイトレのレンジオプションが非常によい数字を出してきましたね。

2015年4月の取引実績
バイトレ(レンジオプション) 還元率 100.5% 損失発生口座 38.5%

→ 他社の実績などはこちら 『新バイナリーオプション全社の月次取引実績 2015年4月分』

還元率100%超ということは、つまり客が勝ちすぎて全体として業者さんの赤字ということ。
さらに、損失発生口座が38.5%ということは、6割以上の顧客が勝ち越したということ(´゚д゚`)
これは他社や他商品を見回してもとんでもない数字ですね…。

レンジオプションは、以前は他社も提供していたのですが、赤字連発(客が勝ちすぎ)で撤退してしまい、現在では唯一バイトレだけが提供してくれています。
私個人は基本となるラダーオプションばかり利用していたのですが、これは無視できませんね。
そんなわけで、改めてこれら三種のオプションについてまとめておきます。

1.ラダーオプションとは

バイナリーオプションの基本形。
判定時に、価格が目標レート以上か未満かを予測するオプションです。

WS0102651.jpg

遠い目標レートを選択して、10倍~20倍の高倍率を狙ったり、
ライン際での2倍程度のハイロータイプとして利用したり、万能型で基本となります。
ラダーオプションは国内全社で利用できます。


2.レンジオプションとは(レンジイン・レンジアウト)

判定時に、価格が2つの目標レートの間にあるかないかを予測するオプション
(判定前の過程は関係ありません)

WS0102652.jpg

値動きの少ない時に、一定のレンジ内に収まるだろうと予測するレンジインオプションがメインかな。
もちろん、相場が大荒れの時などは、レンジアウトオプションがやりやすい場合もあると思います。

基本的には、1.5倍~1.8倍程度をコツコツ稼いでいくのが良さそうです。
勝率を上げやすく、慎重にトレードすれば非常に安定しそうなスタイルです。
レンジオプションは、バイトレでだけ利用できます。


3.ワンタッチオプションとは(ワンタッチ・ノータッチ)

判定時までに価格が目標レートにタッチするかしないかを予測するオプション
(判定前に一度でもタッチした時点で達成)

WS0102653.jpg

「この節目は一度は触りにいくだろう…」とか「ここまでは届かないだろう…」といった、少し上級者向けの戦略が必要になる印象があります。現在は、バイトレIG証券で利用可能です。



いずれにしても、ご自分にあったスタイルを確立するのが重要です。
よかったら色々試してみてください(*´∀`*)
スポンサーサイト
FOREX EXCHANGE
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン