国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2017年4月分

【 5/16更新 申し訳ありません。一部修正いたしました。】

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 2013年12月~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2017年4月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
IG証券 100.7% 53.3%
俺のBO
(FOREX EXCHANGE)
98.38% 53.85%
外為オプション
(GMOクリック証券)
95.68% 78.54%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
95.6% 73.8%
みんなのバイナリー
(トレイダーズ証券)
94.95% 73.13%
オプトレ!
(YJFX!)
92.78% 80.49%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
92.3% 78.2%
LION BO
(ヒロセ通商)
88.8% 72.1%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
84.46% 69.04%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
82.9% 74.7%

ワンタッチオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
93.0% 70.3%
IG証券 88.1% 50.6%

4月もFOREX EXCHANGE株式会社の俺のBOが非常に素晴らしい数字でした。
今年2月の営業開始以来、3ヶ月連続で大サービス中です(*´∀`*)
以前、FXプライムbyGMOの選べる外為オプションが営業開始した時も、5ヶ月連続大サービスをしてくれました。
後発の業者はまずは甘めの設定を続けて顧客を獲得するのが一番でしょうから、俺のBOも今が稼ぎ時なのだと思います。乗り遅れないように気をつけなはれや( ー`дー´)

そしてビックリしたのが、IG証券100%オーバーしてきたことですね。
IG証券がラダーオプションで100%をこえてきたのは、3年以上の歴史の中で史上初のことです。
これだけの歴史のあるIG証券が設定ミスでの赤字営業をやらかすとは思えませんので、新規参入業者に対抗しての大サービスだったのでしょうか?または、超大口がとんでもない金額を稼ぎ出したのかもしれません。
IG証券は保有ポジションの上限がないので、極端な話、何億の勝負でも可能なはずですからね^^;

とにかく、このまま競争が続いて、全体的に勝ちやすい設定にしてくれる業者が増えることを期待したいです。
非常に良い傾向ですね( ´∀`)bグッ!

過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 2013年12月~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)
スポンサーサイト

国内バイナリーオプション 過去の顧客損益率一覧

月次取引実績にて発表される顧客損益率の推移を全社まとめて一覧にしてみました。(ラダーオプションのみ)

顧客損益率とは…
全顧客合計の、購入金額に対する支払い金額の割合になります。分かりづらいですかね。
あくまで過去のデータですが、この数字が高いほど、顧客が沢山稼いだということが分かります。
100%を超えている場合は、業者の赤字ということなので、設定ミスレベルに甘かったということになります。

その月に一番数字が良かった業者を赤字で、95%以上をピンクで表記してあります。
たくさん色のついている業者さんが、より有利であると言えると思います。

もちろん、数字の低い業者さんでも、ポイントを絞るととてもオイシイことも多々あります。
あくまで目安ということで、ご了承ください。私は当然、全社監視していますよ( ー`дー´)

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(2017年・随時更新中)

各月の詳細
な解説は↓
外為
オプション
IG証券 みんなの
バイナリ
バイトレ 選べる外為
オプション
LION BO オプトレ 俺のBO
2017/04 95.68% 100.7% 94.95% 92.3% 95.6% 88.8% 92.78% 98.38%
2017/03 96.92% 97.0% 90.91% 91.7% 95.5% 91.6% 96.54% 107.83%
2017/02 96.09% 97.2% 92.71% 95.7% 96.1% 94.7% 93.63% 113.09%
2017/01 96.12% 95.6% 89.94% 89.2% 93.5% 90.1% 94.85%
2016/12 96.51% 96.3% 90.15% 93.3% 95.2% 91.0% 90.34%
2016/11 96.00% 98.9% 88.01% 93.6% 92.2% 92.1% 93.95%
2016/10 95.18% 97.6% 91.75% 94.2% 96.1% 92.2% 93.78%
2016/09 94.64% 96.4% 90.49% 93.3% 94.0% 90.8% 95.33%
2016/08 98.06% 98.3% 89.37% 93.0% 99.8% 95.2% 90.37%
2016/07 96.81% 96.0% 92.94% 94.1% 98.4% 91.9% 95.14%
2016/06 97.16% 95.3% 91.85% 97.6% 97.3% 92.8% 92.42%
2016/05 92.26% 96.0% 90.30% 97.2% 96.2% 92.4% 93.48%
2016/04 93.81% 95.0% 93.31% 93.7% 94.6% 91.5% 96.12%
2016/03 98.31% 94.5% 88.78% 95.0% 97.1% 94.0% 94.45%
2016/02 96.10% 96.9% 95.71% 92.3% 96.7% 91.1% 91.65%
2016/01 99.16% 96.6% 96.53% 94.2% 94.6% 90.6% 94.90%
2015/12 95.91% 98.0% 92.62% 93.7% 92.1% 91.5% 93.65%
2015/11 97.96% 98.4% 89.81% 94.9% 93.5% 92.5% 95.71%
2015/10 98.55% 96.7% 90.18% 94.8% 101.0% 93.3% 99.14%
2015/09 96.10% 95.5% 90.52% 95.2% 92.7% 91.1% 95.31%
2015/08 98.93% 95.6% 96.68% 97.7% 102.0% 93.2% 95.20%
2015/07 98.33% 94.9% 95.02% 96.1% 103.5% 91.9% 90.76%
2015/06 96.12% 97.2% 94.72% 95.9% 99.4% 88.2% 94.19%
2015/05 95.55% 98.4% 96.45% 94.9% 99.7% 89.5% 93.77%
2015/04 95.16% 99.5% 93.07% 91.8% 100.2% 90.0% 96.19%
2015/03 98.48% 95.2% 95.23% 94.6% 89.9% 91.79%
2015/02 95.65% 98.8% 89.68% 95.6% 93.6% 91.3%
2015/01 97.45% 98.9% 90.87% 96.9% 88.1% 90.35%
2014/12 102.01% 95.7% 95.92% 97.7% 89.7% 91.01%
2014/11 95.82% 99.7% 95.15% 91.8% 91.9% 96.13%
2014/10 95.69% 97.2% 93.35% 91.7% 91.7% 94.63%
2014/09 93.32% 95.6% 95.05% 91.1% 88.4% 96.93%
2014/08 101.84% 97.7% 92.33% 94.4% 95.2% 97.55%
2014/07 97.60% 99.0% 94.74% 96.6% 94.2% 98.36%
2014/06 96.44% 97.1% 95.53% 93.7% 95.0% 94.50%
2014/05 99.14% 98.7% 94.16% 98.7% 97.6% 98.08%
2014/04 99.65% 96.8% 96.02% 95.5% 95.7% 100.66%
2014/03 99.52% 97.2% 92.37% 97.0% 95.8% 99.81%
2014/02 100.53% 97.4% 90.83% 95.5% 94.5% 101.28%
2014/01 98.40% 97.9% 90.22% 96.2% 95.3% 94.28%
2013/12 100.25% 94.7% 92.72% 91.4% 91.3% 97.22%

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2017年3月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 2013年12月~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2017年3月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
俺のBO
(FOREX EXCHANGE)
107.83% 51.52%
IG証券 97.0% 69.9%
外為オプション
(GMOクリック証券)
96.92% 77.65%
オプトレ!
(YJFX!)
96.54% 78.59%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
95.5% 75.0%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
91.7% 78.8%
LION BO
(ヒロセ通商)
91.6% 79.7%
みんなのバイナリー
(トレイダーズ証券)
90.91% 78.65%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
95.62% 72.87%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
82.8% 68.9%

ワンタッチオプション
IG証券 96.0% 70.1%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
83.4% 76.7%

俺のBO 顧客損益率 107.83%!!(゜o゜;
2月にサービス開始したばかりの俺のBOですが、3月も107%というとんでもない数字が発表されました。
これは、トータルで顧客の大幅な勝ち越しという意味です。ホントにみなさん稼ぎすぎです。
損益発生口座の割合を見ても、ほぼ半数の顧客が勝ち越しているというお祭り状態ですね(*´∀`)

営業開始直後ということもあり、まだまだサービス設定が続いているようです。
当初は、サーバーが重すぎでエラーとの闘いという感じがありましたが、少しずつ改善されています。
実際に私が取引した結果や注意点など記事にしてありますので、よろしければご確認ください(´ε` )
『 ▶ カテゴリ:俺のBO攻略 』

FOREX EXCHANGE

さて、今はとにかく俺のBOが凄すぎて霞んでしまいますが、IG証券の97.0%も良い数字なんですよね。
購入枚数が無制限ということもあり、上級者好みというイメージのあるIG証券ですが、目標レートが他社より多く(20本)、タッチオプション・24時間単位のラダーオプションなど、多くのサービスを提供しており、様々な戦略が立てやすい非常にオススメできる業者さんです。
他社でバイナリーオプションに慣れた方は是非挑戦してみてください(*´∀`)

外為オプションも最近安定して良い数字が続いています。
取引システムのリニューアル以降、まれにフリーズする状態が続いてしまっていますが、基本的には非常に見やすくシンプルで分かりやすいオススメの業者さんです。メイン口座として使っている方がほとんどだと思います。
バイナリーオプションが初めての方にはまず基本としておさえていただきたい業者さんですね。

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2017年2月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 2013年12月~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2017年2月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
俺のBO
(FOREX EXCHANGE)
113.09% 20.0%
IG証券 97.2% 69.1%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
96.1% 75.5%
外為オプション
(GMOクリック証券)
96.09% 77.56%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
95.7% 71.5%
LION BO
(ヒロセ通商)
94.7% 73.7%
オプトレ!
(YJFX!)
93.63% 78.70%
みんなのバイナリー
(トレイダーズ証券)
92.71% 74.62%

レンジオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
101.9% 60.2%
オプトレ!
(YJFX!)
96.50% 69.07%

ワンタッチオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
90.9% 63.6%
IG証券 72.7% 72.1%

2017/2/3に営業を開始した俺のBOからトンデモナイ数字が飛び出しましたね(゜o゜;
開始直後ということもあり、かなり甘い設定だったようです。
実際に私が取引した結果や注意点など記事にしてありますので、よろしければご確認ください(´ε` )
『 ▶ カテゴリ:俺のBO攻略 』

さて、俺のBOのおかげで霞んでしまいましたが、IG証券もやはり非常に良い数字でした。
久しぶりの新規参入もありましたので、各社競争してもっともっと良くなると嬉しいですね(*´ω`*)

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2017年1月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 2013年12月~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2017年1月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
外為オプション
(GMOクリック証券)
96.12% 78.57%
IG証券 95.6% 71.8%
オプトレ!
(YJFX!)
94.85% 79.52%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
93.5% 74.2%
LION BO
(ヒロセ通商)
90.1% 77.9%
みんなのバイナリー
(トレイダーズ証券)
89.94% 82.22%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
89.2% 80.9%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
97.56% 71.12%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
93.1% 63.6%

ワンタッチオプション
IG証券 84.6% 71.1%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
80.5% 66.9%

2017年のスタートも、GMOクリック証券の外為オプションIG証券がワン・ツーですね。
完全に二強が固定されつつありますね。他社も頑張ってください\(^o^)/

相場は、トランプ大統領の影響で右往左往が続いております。
こういう時はバイナリーオプションが美味しい場面も多いので、チャンスを逃さないように頑張りましょう(*´∀`)

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)
FOREX EXCHANGE

外為オプション

IG証券
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン