国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2018年4月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2018年4月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
IG証券 98.4% 67.4%
外為オプション
(GMOクリック証券)
97.32% 77.86%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
97.3% 71.6%
LION BO
(ヒロセ通商)
93.6% 80.2%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
91.7% 78.4%
オプトレ!
(YJFX!)
91.10% 82.65%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
89.35% 79.79%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
107.27% 60.89%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
100.14% 61.22%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
93.3% 56.1%

タッチオプション
IG証券 73.2% 87.3%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
79.4% 75.8%

今月もド安定のIG証券外為オプションでした(^O^)

過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

スポンサーサイト

国内バイナリーオプション 過去の顧客損益率一覧

月次取引実績にて発表される顧客損益率の推移を全社まとめて一覧にしてみました。(ラダーオプションのみ)

顧客損益率とは…
全顧客合計の、購入金額に対する支払い金額の割合になります。分かりづらいですかね。
あくまで過去のデータですが、この数字が高いほど、顧客が沢山稼いだということが分かります。
100%を超えている場合は、業者の赤字ということなので、設定ミスレベルに甘かったということになります。

その月に一番数字が良かった業者を赤字で、95%以上をピンクで表記してあります。
たくさん色のついている業者さんが、より有利であると言えると思います。

もちろん、数字の低い業者さんでも、ポイントを絞るととてもオイシイことも多々あります。
あくまで目安ということで、ご了承ください。私は当然、全社監視していますよ( ー`дー´)

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(2018年・随時更新中)

各月の詳細↓ 外為オプション IG証券 みんなの
オプション
バイトレ 選べる外為
オプション
LION BO オプトレ
2018/04 97.32% 98.4% 89.35% 91.7% 97.3% 93.6% 91.10%
2018/03 95.68% 95.8% 86.93% 90.6% 93.3% 94.3% 96.52%
2018/02 95.49% 94.6% 83.25% 94.1% 93.4% 89.3% 90.54%
2018/01 97.26% 95.1% 88.60% 91.9% 92.9% 90.8% 93.98%
2017/12 100.10% 95.1% 88.60% 95.9% 95.0% 94.8% 93.21%
2017/11 96.63% 96.3% 87.58% 89.4% 92.3% 87.9% 95.72%
2017/10 96.84% 98.4% 88.81% 93.5% 94.8% 91.1% 95.72%
2017/09 96.37% 96.5% 87.28% 90.9% 96.6% 92.9% 99.59%
2017/08 95.36% 94.9% 91.93% 93.0% 95.4% 90.6% 98.70%
2017/07 94.92% 95.6% 93.87% 93.2% 95.0% 89.6% 96.50%
2017/06 95.95% 97.7% 92.43% 93.7% 95.7% 90.4% 94.44%
2017/05 95.63% 97.1% 92.89% 94.1% 97.1% 93.1% 94.72%
2017/04 95.68% 100.7% 94.95% 92.3% 95.6% 88.8% 92.78%
2017/03 96.92% 97.0% 90.91% 91.7% 95.5% 91.6% 96.54%
2017/02 96.09% 97.2% 92.71% 95.7% 96.1% 94.7% 93.63%
2017/01 96.12% 95.6% 89.94% 89.2% 93.5% 90.1% 94.85%
2016/12 96.51% 96.3% 90.15% 93.3% 95.2% 91.0% 90.34%
2016/11 96.00% 98.9% 88.01% 93.6% 92.2% 92.1% 93.95%
2016/10 95.18% 97.6% 91.75% 94.2% 96.1% 92.2% 93.78%
2016/09 94.64% 96.4% 90.49% 93.3% 94.0% 90.8% 95.33%
2016/08 98.06% 98.3% 89.37% 93.0% 99.8% 95.2% 90.37%
2016/07 96.81% 96.0% 92.94% 94.1% 98.4% 91.9% 95.14%
2016/06 97.16% 95.3% 91.85% 97.6% 97.3% 92.8% 92.42%
2016/05 92.26% 96.0% 90.30% 97.2% 96.2% 92.4% 93.48%
2016/04 93.81% 95.0% 93.31% 93.7% 94.6% 91.5% 96.12%
2016/03 98.31% 94.5% 88.78% 95.0% 97.1% 94.0% 94.45%
2016/02 96.10% 96.9% 95.71% 92.3% 96.7% 91.1% 91.65%
2016/01 99.16% 96.6% 96.53% 94.2% 94.6% 90.6% 94.90%
2015/12 95.91% 98.0% 92.62% 93.7% 92.1% 91.5% 93.65%
2015/11 97.96% 98.4% 89.81% 94.9% 93.5% 92.5% 95.71%
2015/10 98.55% 96.7% 90.18% 94.8% 101.0% 93.3% 99.14%
2015/09 96.10% 95.5% 90.52% 95.2% 92.7% 91.1% 95.31%
2015/08 98.93% 95.6% 96.68% 97.7% 102.0% 93.2% 95.20%
2015/07 98.33% 94.9% 95.02% 96.1% 103.5% 91.9% 90.76%
2015/06 96.12% 97.2% 94.72% 95.9% 99.4% 88.2% 94.19%
2015/05 95.55% 98.4% 96.45% 94.9% 99.7% 89.5% 93.77%
2015/04 95.16% 99.5% 93.07% 91.8% 100.2% 90.0% 96.19%
2015/03 98.48% 95.2% 95.23% 94.6% 89.9% 91.79%
2015/02 95.65% 98.8% 89.68% 95.6% 93.6% 91.3%
2015/01 97.45% 98.9% 90.87% 96.9% 88.1% 90.35%
2014/12 102.01% 95.7% 95.92% 97.7% 89.7% 91.01%
2014/11 95.82% 99.7% 95.15% 91.8% 91.9% 96.13%
2014/10 95.69% 97.2% 93.35% 91.7% 91.7% 94.63%
2014/09 93.32% 95.6% 95.05% 91.1% 88.4% 96.93%
2014/08 101.84% 97.7% 92.33% 94.4% 95.2% 97.55%
2014/07 97.60% 99.0% 94.74% 96.6% 94.2% 98.36%
2014/06 96.44% 97.1% 95.53% 93.7% 95.0% 94.50%
2014/05 99.14% 98.7% 94.16% 98.7% 97.6% 98.08%
2014/04 99.65% 96.8% 96.02% 95.5% 95.7% 100.66%
2014/03 99.52% 97.2% 92.37% 97.0% 95.8% 99.81%
2014/02 100.53% 97.4% 90.83% 95.5% 94.5% 101.28%
2014/01 98.40% 97.9% 90.22% 96.2% 95.3% 94.28%
2013/12 100.25% 94.7% 92.72% 91.4% 91.3% 97.22%

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2018年3月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2018年3月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
オプトレ!
(YJFX!)
96.52% 81.85%
IG証券 95.8% 72.6%
外為オプション
(GMOクリック証券)
95.68% 77.43%
LION BO
(ヒロセ通商)
94.3% 75.7%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
93.3% 74.2%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
90.6% 78.1%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
86.93% 77.77%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
76.6% 69.5%

レンジオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
101.8% 65.6%
オプトレ!
(YJFX!)
101.26% 61.88%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
87.2% 100.0%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
85.51% 65.16%

タッチオプション
IG証券 120.1% 67.9%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
110.6% 75.0%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
86.7% 71.7%


3月は、各社のレンジオプション・タッチオプションで100%オーバーの非常に良い数字が目立ちますね。
みなさん稼ぎすぎです(;・∀・)


過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2018年2月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2018年月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
外為オプション
(GMOクリック証券)
95.49% 78.10%
IG証券 94.6% 72.1%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
94.1% 77.6%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
93.4% 73.2%
オプトレ!
(YJFX!)
90.54% 80.92%
LION BO
(ヒロセ通商)
89.3% 75.4%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
84.0% 72.2%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
83.25% 80.00%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
101.81% 70.80%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
99.3% 57.3%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
77.22% 78.12%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
0.0% 33.0%

タッチオプション
IG証券 102.3% 59.3%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
86.9% 81.0%
Binary.com
(バイナリー株式会社)
78.3% 25.0%

頑張っていた新業者さん、ついに墜落(ノ∀`)アチャー

やはり老舗のツートップ、外為オプションIG証券に落ち着くんですかねぇ。
この両社は本当に安定していて凄いですね。これからもお世話になります(*´∀`)

過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2018年1月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2018年月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
外為オプション
(GMOクリック証券)
97.26% 78.45%
IG証券 95.1% 78.4%
オプトレ!
(YJFX!)
93.98% 76.97%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
92.9% 76.3%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
91.9% 80.0%
LION BO
(ヒロセ通商)
90.8% 74.9%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
87.09% 80.44%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
99.43% 68.09%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
92.00% 65.04%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
78.2% 70.7%

タッチオプション
IG証券 94.9% 63.2%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
87.4% 69.9%

最近、仮想通貨の盗難(ハッキング)など、非常に大きな問題が起きていますが、国内バイナリーオプションでしたら、そのようなトラブルはありません。当サイトでは、金融庁に認可された日本の業者のみをご紹介しております。
万が一、業者が倒産するようなことがあっても、みなさんの資産は法的に完全に保護されています(*´∀`*)
あくまで国内ですからね、国内。上記の一覧に載っていない業者は、海外業者ですから逃げられたら終わりです。

過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】