『Moneco(マネコ)』 24時間自動でトレード フォローする仮想通貨投資

最近、仮想通貨勢は本当にすごいですよね。
Twitterには、安定して毎月数百万~数千万円もの利益をあげている方が複数いらっしゃいます。

「はぁぁ~すごいなぁ~、この人にかわりに資産運用してもらえたらなぁ~」なんて、思っていたら
そんな夢を実現してくれるサービスが誕生するそうです!
夢の自動売買(*´ω`*) 夢のコピートレード(*´ω`*)

まねこ


どのトレーダーさんに頼むかは、リアル口座での運用実績などを見て選べるようです。
もちろん損をする可能性もあるとは思いますが、実際の成績をじっくりチェックして、安定して稼いでいるトレーダーさんにお願いできるならば是非是非お願いしたいという方が多いのではないでしょうか。
トレーダーさんの報酬は成功報酬ですし、必死で稼いでくれるはずです(^o^)

これは正式にサービスが開始されたら、界隈の話題を独占する香りがプンプンしますな~。
現在、事前登録受付中とのことですので、登録だけでもしておいた方がいいかもしれません。

★注意点がひとつ★
現在、対応予定の取引所は、QUOINEX(コインエクスチェンジ)だけのようです。

555.jpg

QUOINEXの口座開設しておかないと、人気トレーダーのフォロー上限に間に合わない、という事態になりかねません。
まだ口座を持っていない方は早めに作っておきましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)自体も、過去に記事にした通りオススメの取引所です(*´ω`*)
今、おそらく日本で一番安全で使いやすい取引所はQUOINE(←読める?)

quo.jpg
スポンサーサイト

24時間測定スプレッド比較 『DMM Bitcoin vs. GMOコイン』 ビットコインFX(レバレッジ取引)

ビットコインFX(レバレッジ取引)を提供している業者は、大きく分けて板取引と相対取引の2種類があります。
基本的には、どこの業者でもビットコインはほぼ同じ値段なのですが、売買の仕組みは少し異なります。

↓板取引とは、こんな感じです。取引の相手は他のトレーダーなります。

WS0105216.jpg

値段と共に、板の厚さにも常に気を使います。現在日本最大手のbitFlyerのビットコインFXは板取引ですね。
数億円単位など大口の取引をする方は、1,000BTCまで保有できて出来高の大きいbitFlyerで取引するしかない状況なのですが、サーバーが非常に重いなど使いづらい点が多々ありますので、普通の方はサクサク使える相対取引の業者さんが選択肢になってくると思います。

↓相対取引とは、こんな感じです。

IMG_0876.jpg

その時点で売れる値段と買える値段の2つだけが表示される、非常にシンプルな仕組みです。
相対取引の場合は、その時点のレートで注文した全量が即時に約定します。
板の厚さを気にする必要がなく、非常に分かりやすく、システムがサクサク軽いのも利点です。

相対取引で提供している業者は、DMM BitcoinGMOコインがあります。
両社とも、FX(為替取引)超大手のグループ企業ですので、取引画面やシステムは非常に安定していて使いやすいです。
もちろん、使いやすいスマホアプリも完備しており、初心者の方にも大変オススメです。

では、具体的にどちらの業者さんが良いか。重要なのはBidとAsk(売る時と買う時の値段)の差額(スプレッド)です。
↑の画像の場合、スプレッドは1,500円ということになります。もちろん、スプレッドは安ければ安いほどよいですよね。

そこで、両社のスプレッドを実際に24時間測定して徹底比較してみました(*´ω`*)

その前に、まずは各社の基本情報を

DMM Bitcoin GMOコイン bitFlyer
サーバーの軽さ ×
最大レバレッジ 5倍 5倍 15倍
ロスカット基準
(証拠金維持率)
80% 75% 50%
(80%で追証)
最大発注数量
(一度の注文で出せる量)
3 BTC 2 BTC 1,000 BTC
保有建玉上限 100 BTC 20 BTC 1,000 BTC
レバレッジ取引
取扱通貨
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコイン(BTC) ビットコイン(BTC)
取引手数料
(BTCレバレッジ取引)
無料 無料 無料
ポジション料
(スワップポイント)
0.04%/日
(1BTC=100万円の場合400円)
0.04%/日
(2018/4/18修正)
0.04%/日
入金手数料
(銀行振込時)
無料 無料 無料
入金手数料
(クイック入金利用時)
無料 無料 324円
出金手数料 無料 無料 216円~756円
スマホアプリ


それでは実際に、DMM BitcoinGMOコインのビットコインのスプレッドを比較してみます。

■測定条件■
2018/3/26 12:00 ~ 2018/3/27 11:59 の24時間
約1秒に1回、ビットコインレバレッジ取引のスプレッドを記録(約70,000回記録)

一応全記録をこちらに置いておきます。

DMM Bitcoin GMOコイン
最低スプレッド 1,500円 1,500円
平均スプレッド 3,529円 1,931円

各価格帯ごとの滞在割合は↓こちら

WS0105221.jpg

これはGMOコインの圧勝ですかね(゜o゜;
正直、もっとスプがカパカパ変動するイメージがあったのですが、ものすごく改善していて驚きました。
これは間違いなく、多くの方のメイン口座となるのではないでしょうか。

1時間ごとの平均スプレッドを、ビットコインチャートと重ねてみると、↓こんな感じでした。

WS0105225.jpg

スプレッドは、ビットコインの値動きが激しい時に拡大する傾向があります。
この日は比較的穏やかでしたが、値動きの激しい日でもこのスプレッドを維持してくれたら完璧ですね。

更に、ちょうどこの検証をしている時に、GMOコインから取引条件改善のアナウンスがありました。
・保有建玉上限 : 10BTC → 20BTC
・注文間隔制限 : 10秒 → 5秒
同時に、2,500円にほぼ固定だったスプレッドを、基本1,500円に改善したようです。後半はほぼ1,500円でした。

グループ企業のGMOクリック証券は、FXもバイナリーオプションも世界トップクラスですからね。
"GMO"のプライドにかけてビットコインでも頂点取りにきましたかね(゚∀゚)
このスプレッドを続けてくれるのであれば、GMOコインbitFlyerを超える人気を獲得するのは間違いないかと!

もちろん、DMM Bitcoinもこのまま黙っているわけがありません。
業者さんは大変ですが、FXのようにスプレッド戦争が勃発してどんどん良くなってくれると良いですねヽ(=´▽`=)ノ
FXのスプレッドも、一昔前はドル円1.0~1.2pipsでしたが、現在は0.3pipsが当たり前ですからね。期待します!

GMOコイン

TradingViewを無料お試し終了後も半額で使う方法を発見しますた(・∀・)

TradingViewというサイトをご存知ですか?
色々できることがありすぎて、どう説明すればよいか難しいのですが、
簡単に言うと『TradingViewは株・先物・FX・仮想通貨のトレーダーのためのソーシャルネットワーク』らしいです。

様々な商品のリアルタイムチャートを無料で表示できたり、
ユーザーのトレードアイデアの投稿を無料で見ることができたり、
ビットコイン(仮想通貨)のシステムトレード(BOT)のバックテストが無料で簡単にできたり、
とにかく色々なことができます^^;

基本的には、無料で利用可能なのですが、
やりたいことが増えてくると、PRO+プランへのアップグレードを検討することになると思います。

最近では、ビットフライヤーのFXと現物の乖離率(SFD)が、ビットコイン相場の非常に重要なキーワードとなっていましたが、乖離率の推移をカスタマイズチャートとして表示、分析することで非常に優位にトレードできました。
チャートにして見ることで、相場が20%15%10%を強く意識して動いていることを視覚的に理解できます。

↓私が表示していたチャートはこんな感じ

WS0105164.jpg


↓現在の乖離率リアルタイムチャート



PRO+プランは、まずは「30日間無料お試し」ができますので、そちらがオススメですが、
お試し期間終了後も50%オフでプラン契約する方法を発見しました(・∀・)

それは…
アカウント画面で、「無料お試し版をキャンセル」をクリックするだけです^^;

たったそれだけで、↓のようにストレートに値引きしてくれます。

WS0105160.jpg

継続して有料プランを使用する方は、是非このワザを試してみてくださいな。

今、おそらく日本で一番安全で使いやすい取引所はQUOINE(←読める?)

日本の仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)といえば?
ビットフライヤー・コインチェック・Zaifあたりが有名ですかね。
でも、これらの業者さん、正直非常に評判が悪いです(;・∀・)

ビットフライヤー(bitFlyer)はビットコインFXの出来高が非常に多く、現在は日本の中心ですが、現物との価格の乖離・SFDの問題、なによりサーバーが重すぎてまともに取引できない場面が多々あり、みなさん不満だらけですね…。
コインチェックは言わずもがな…。セキュリティガバガバで巨額盗難事件の被害者となってしまいました。
Zaifは、頻繁に発生するバグ、サーバー障害による異常値ロスカットなど、問題山盛りです。

日本にはまともな取引所はないのか( ;∀;)
そんな悲鳴がそこかしこから聞こえてきますが、実は、あまり話題にのぼらないオススメの取引所があります。

それは、QUOINE株式会社です。
読み方は「QUOINE=コイン」です。まず、この社名が失敗なんじゃないかと…。誰も読めないし書けないよ(´Д⊂
「コインがいいよ」って言われても社名に聞こえないしね。。
TVCMもやっていませんし、ぶっちゃけアフィリエイト報酬がめちゃ安いです。コインチェックの1/10以下です。
なので、ブロガー・アフィリエイターがほとんど宣伝していないのも、あまり知られていない理由かなぁと。



では、具体的にどうオススメなのか、安全なのかについて。

まず、QUOINEは金融庁(関東財務局長)登録済みの仮想通貨交換業者。どこかのように"みなし業者"ではありません。
一番大切なセキュリティについては、仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所だそうです。
コールドウォレットとは、ネットから隔絶された環境に保管しているということで、ハッキングなどによる大規模な盗難の可能性が極めて低いということになります。
また、出金の際には、4段階のステップを設置し、意図しない出金を未然に防止しているとのこと。
(現状、出金・送金には1~3日ほどかかるので、そこだけは不便な点です。日・月ごとの上限もあります。)

WS0105088.jpg


取扱通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)など。
レバレッジ取引も可能で、最大レバレッジは25倍で国内最高です。(ビットフライヤーは15倍、GMODMMは5倍)
現物もレバ取引も共通の板取引なので、販売所形式のような異常なスプや現物とレバ取引の価格乖離もありません。

手数料は、ビットコインの取引は無料。ETHを含む通貨ペアは約定代金の0.10%、その他は0.25%。
レバレッジ取引のポジション料は、0.05%/日で、ビットフライヤー(0.04%)とほぼ同じですね。

取引画面は、↓こんな感じで、自由にカスタマイズでき、約定もサクサク(←これ重要)です。

WS0105086.jpg


スマホアプリも完備しています。


IMG_0723.jpg


そんなわけで、現状悪いところはほとんど見当たらない優秀な取引所なのですが、
いかんせん、分かりにくい社名と、宣伝に全然お金をかけていないので、一般にはあまり知られていません。

セキュリティ重視で出金に少し時間がかかりますので、頻繁に入出金したい方には向きませんが、レバレッジ取引をガンガンやりたい人、ビットフライヤーFXで重すぎるサーバーやSFD問題にウンザリしている人は、全員QUOINEに移動しても良いくらいだと思うんですけどね。

ただ、現在はサックサクですが、もし口座開設者が殺到すると、これが維持できなくなる可能性はあります…。
こっそり快適に使ってるのに拡散するんじゃねえ!って怒られそうですが、宣伝しちゃいます(*´ω`*)ゴメンネ

QUOINEX

異常値ロスカ祭連発のZaifで稼ぐ方法を考える(゜-゜)

最近、剛力彩芽さんを起用したテレビCMが始まったZaif(ザイフ)という取引所があります。
はじめに申し上げておきますが、非常に問題の多い取引所で、普通の方には全くオススメできません。
ただし、異常なレートをつけるということは、逆にそこで拾える可能性もありますので、状況を知っておいて損はありません。



Zaifはサーバー等に問題があるようで、取引所にアクセスできない、注文が通らないということが頻繁に発生します。
2月22日にも、大規模な障害によるビットコイン信用取引のロスカット連鎖が発生しました。
1分足チャートで見てみると↓こんな感じです。

WS0105061.jpg

21:50頃からジリジリと下落が始まり、100万円に到達したあたりからロスカット連鎖が始まります。
この現象は、サーバー等の問題で注文がほとんど通らなくなることが原因です。
今回も、下落による自動ロスカットだけが淡々と執行されて連鎖していく恐ろしい状況となりました。
こうなると、損切り注文も通らず、マイナスになっていく証拠金を眺めることしかできなくなります((((;゚Д゚))))

Zaifでは、このようなロスカット祭は頻繁に発生します。
明らかにシステムの異常が原因なわけですが、Zaifはこれについて補償することはしません。
苦情に対する返答も適当なようなので、被害に遭われた方は、泣き寝入りか裁判で争うしかないかもしれません。

さて、この時の他社のチャートを見てみると、↓こんな感じです。

WS0105065.jpg

Zaifの最安値63万円どころか、100万円すら割れていないのが通常のレートだということが分かります。
Zaifもシステムが正常に戻れば、通常のレートに戻るはずなので、何とかして安いレートの時に買うことができれば、ほぼ確実に大きな利益をあげることができたわけです。

注文が通らないことが原因で発生する現象ですから、事が起きてから注文を出しても遅いです。
このような障害が発生する予兆を感じたら、20~30万円離れた所に指値を置いておくのが良いかもしれません。

そして実はもう一つ、買うことができる裏技があります。それは「簡単売買」です。
スプレッド(買値-売値)が非常に高いので、通常時は利用してはいけませんが、値段が取引所に連動しているため、取引所のレートが異常になっている場合、その異常値で売買することができてしまいます。
障害発生時はこのページを開くこともできないくらい重くなりますが、買うことさえできれば即爆益です(^o^)

上記の異常発生時は、↓こんな感じの値段でした

WS0105063.jpg

この「簡単売買」の機能は、先日もビットコインとモナコインを0円で販売してしまうバグが起きたばかりです。
(0円販売の時は、さすがに取引取り消しになりましたが、ロスカ祭の場合は、今のところ取り消しはありません)

何か起きた時には「簡単売買」をチェック!ということを覚えておくと、お小遣いを拾えるかもしれません(*´∀`*)
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】