月間収支+524万円 v(´∀`*v) 外為オプション2013年1月

1月の外為オプションの収支は、+524万円でした v(´∀`*v)

↓GMOクリック証券のトレードアイランドにてリアル口座の収支公開中♪
WS101051.jpg
WS1010602.jpg
勝率計算表や収支グラフはこちらで配布中です → 【 勝率計算表&収支表 】

1月は昨年からの流れを引き継ぎ、強烈な上昇トレンドが続きましたね。
基本的には、こういう特殊な相場は苦手なんですが、特にパニック的な動きというほどでもなく、10分単位の外為オプションをやるうえでは、オーソドックスでやりやすい相場だったように思います。

↓日々の収支をグラフにしてみると、こんな感じ
WS101059.jpg

1月は第2週からトレードを開始しましたので、稼働日数は少なめ。
税金のことを考えると、12月に負けるのと1月に負けるのでは意味が全く違いますからね。
1月だけは負けたくないなぁ、というプレッシャーがありましたので、無事にプラスで終えられて良かったです。

ちなみに、1月21日より1回の上限が5万円から3万円に引き下げられましたね。
単純に考えると、月+500万円だったのが300万円に減ってしまうわけですが、私はそれほど影響ないかな。
元々私は、調子が悪くて負ける日でも日単位で-100万円くらいに抑えたいという気持ちがあって、取引回数をあえて少なめにしています。リスクが減るなら少し取引回数を増やせばいいだけかな、と。
ま、そんな感じで2月も外為オプションで適当に頑張ります(;´∀`)



さてさて、皆さんの最近の関心事は、やはりBOの"自主規制"についてですかね。
すでに噂レベルではなく、日経に記事として出てくる時点で、規制はほぼ確定と思っていいでしょうな。
日経記事はこちら→『FX、バイナリーオプションに自主規制案 賭博性の排除、明確に 2012/12/26』

この規制内容を外為オプションに当てはめてみると、
・10分などの短い時間のオプションはダメ → 30分・1時間などに
・買ったら10分待つだけの現状はダメ → 途中棄権・転売等をできるように
・レンジ外(業者総取り)禁止 → 配当2倍は不可能
・取引額等の上限を決める → とりあえず2013年1月から1回の上限5万円を3万円に引き下げ
・顧客の損益を開示 → 顧客の負けが、そのまま業者の利益なので反感が凄そう…

これもう全くの別物でしょ…。
今年度中には詳細を決めるようなので、春にも現状の外為オプションは終了となりそうです。
まあ仕方ないですね。こんな簡単に何百万円も稼げるものが永遠に続くわけはありませんから(;´∀`)

「規制されたらどうするんだ?」と聞かれることが多いですが、具体的には考えていません。
1年くらい無収入でも問題ありませんから、色々考えながらのんびりEA開発でもしますわ。
まあ、とりあえずは規制後の新しい商品で遊んでみますかね。

あとは、最近の信用規制緩和や安倍バブルで、株人気が再燃しているようですが、私はたぶんやりません。
本物の相場師なら株が一番安定するんでしょうけど、私にはそんな腕も情報力もありませんので、
いつか事故死するのがオチだと思います^^;
関連記事
スポンサーサイト
FOREX EXCHANGE

外為オプション

IG証券
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン