バイナリーオプションのリスク

バイナリーオプション取引は、投資金額の全てを失う可能性のあるリスクの高い金融商品です。
リスクを正しく理解してから取引を行ってくださいますようお願いしますm(_ _)m

以下、FXトレード・フィナンシャルのHPより引用させていただきます。
http://www.fxtrade.co.jp/corporate/risk.html

-------------------------- 引用ここから --------------------------

1.BO取引は、通貨を原資産とするオプション取引で、投資元本を保証した取引ではなく、投資資金のすべてを失う可能性のあるリスクの高い金融商品です。

2.BO取引は、将来の一定期日の外国為替相場の水準により、あらかじめ定められた金額(以下、「ペイアウト額」といいます。)を受け取ることができる権利を購入する取引です。取引には期限があり、期限到来時に一定条件を満たした場合はペイアウト額を受け取ることができますが、条件を満たさなかった場合は購入金額全額が損失となります。BO取引では、ペイアウト額の受取の可否は、期限到来時に外国為替相場に基づき、システム上で自動的に判定・実行されます(これを「自動権利行使」と言います)。

3.BO取引では、取引時間内において一定の時間毎に回号を設定します。すべての回号において、新規取引としてオプションの購入(買い建)のみが可能で、新規取引としてオプションの売却(売り建)はできません。

4.お客様が新規にオプションを購入する場合の取引価格(購入価格)と購入したオプションを転売する場合の取引価格(転売価格)には差(スプレッド)があります。取引価格は、外国為替相場、ボラティリティ(相場変動率)、権利行使価格(ペイアウト額を授受するための条件となる価格)、権利行使期間(期限までの残存時間)、対象通貨の金利等により変動しますが、相場状況によっては、取引価格のスプレッドが拡大したり、意図した取引ができなかったりすることにより、損失が発生する可能性があります。

5.お客様は、オプション購入後、ポジション解消取引として、回号毎に定められた売買可能期間中に転売(決済)が可能です。オプションを転売した場合、そのオプションについてペイアウトを受け取る権利はなくなり、転売価格と購入価格との差額がお客様の損益となります。したがって、転売時には、オプションの取引価格の変動により損失が発生する場合があります。

6.BO取引への合理的な投資判断を行うには、BO取引の仕組みだけではなく、オプション取引の理論的根拠等の専門知識が必要となります。そのため、口座開設のお申込時には、お客様が取引の仕組みやリスク等について十分にご理解いただいているかを確認させていただきます。

7.天災地変、戦争、政変あるいは外国為替取引の規制等の特別な状況が発生した場合には、開催中の回号を中断あるいは開始前の回号を中止することがあります。また、システム障害が発生した場合、インターバンク市場の流動性の低下等によってお客様への価格の提示が困難であると当社が判断した場合、又は当社の財務の健全性に重大な影響を及ぼすような事態が生じた場合には、開催中の回号を中断する場合や開始前の回号を中止する場合があります。

8.お客様全体のオプション購入金額(当社への支払金額)とオプションの転売又は権利行使による受取金額の差額が、当社の収益の源泉となります。

-------------------------- 引用ここまで --------------------------
関連記事
スポンサーサイト

IPO『じげん(3679)』初値1,750円 +34.5万円(300株)

【過去の応募履歴等はこちらの記事にまとめています→ IPO(新規公開株) 応募履歴 2013年

先日当選した『じげん(3679)』の初値は1,750円となりました。
合計300株全て初値で売却して、+345,000円の利益獲得です。
(600円→1,750円×300株、税金・手数料引き前)

今回は、野村証券の「野村ネット&コール」「野村ホームトレード」でのダブル当選となりました(;´∀`)

WS101666.jpg

WS101665.jpg

やはり、野村證券はIPOの取扱が飛び抜けて多いですから、当たる確率も高いですね。
弱小個人でも実際に当選することも確認できましたので、大変オススメです。

12月のIPOラッシュでも1件くらいは当選してね(人∀・)
関連記事

IPO『メディアドゥ(3678)』初値11,770円 +84.7万円v(´∀`*v)

【過去の応募履歴等はこちらの記事にまとめています→ IPO(新規公開株) 応募履歴 2013年

私のIPO初当選となった『メディアドゥ(3678)』の初値は11,770円となりました。
チキンな私はもちろん初値売りで、+847,000円の利益獲得です。(税金・手数料引き前)

WS101656.jpg

今回は、マネックス証券での当選となりました。
資金量など関係なく、一人一権利の完全抽選なので、ただただ運が良かったです。
本当にありがとうございますm(_ _)m

今後もコツコツ応募していきたいと思います(;´∀`)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ ← 実際にIPO投資を実践されている方々のブログ一覧
関連記事

外為オプション(10分制)終了!お疲れ様でしたm(_ _)m

11月の外為オプションの収支は、+148万円でした v(´∀`*v)

WS101631.jpg

自主規制に伴う大幅リニューアルを控えて、10分制ハイロータイプの外為オプションは終了となりました。
最後に負けると気分悪いですからね、好調のまま終われて良かったです。

私が外為オプションを始めたのは2011年11月ですから、気づけば25ヶ月も経っていましたか。
その間の総取引回数は26,947回、総利益は+7,000万円オーバーにまで到達しました。
いやぁ積み重ねたもんですね~。

sourieki.jpg

全期間の収支をグラフにしてみるとこんな感じ↓
WS101632.jpg

いやぁ、どうよこれ。我ながら凄いねこりゃヽ(´ー`)ノ
本当にお世話になりました。ありがとうございました。



今後については、ゆっくり考えますが、とりあえずは新BOで遊んでみるつもり。
毎月300万も500万も稼ぐのは難しいと思いますが、欲張らなければ、まぁなんとかなるでしょう。

クリック証券の新外為オプションも始まりますので、各社競争して良い商品になってくれるといいですね。
来週は、新BOの各社の状況をしっかり確認していきたいと思います(;´∀`)
関連記事

新バイナリーオプション 判定時間早見表

▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)(2013/11/22)

【 2014/4/10更新 LION BO修正 】

新バイナリーオプションは、開催間隔が最短2時間と決められており、取引チャンスは激減します。
なので、一社にこだわらずに、各社並行して使用するのがデフォになりそうです。
そんなわけで、各社の判定時間早見表を作ってみました(;´∀`)

みんなのバイナリーとバイトレは米国サマータイム、IG証券は英国サマータイム実施期間に1時間ズレます。
WinterBO.jpg

SummerBO.jpg
関連記事

IPO 初当選キタ~ v(´∀`*v)

もはや、当たる気がしなくなっていたIPOですが、ついに当選しましたv(´∀`*v)

【過去の応募履歴等はこちらの記事にまとめています→ IPO(新規公開株) 応募履歴 2013年

当選したのは、2013年11月20日に東証マザーズ上場の株式会社メディアドゥです。
100%完全抽選を謳っているマネックス証券での当選でした。宣伝文句に嘘はなかったようですね。

WS101597.jpg

すでに購入申し込み済み。 購入価格3,300円×100株=330,000円
投資家の評価はそこそこ良いようで、ある程度の値上がりを期待できそうです。頼むよ~ (人∀・)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ ← 実際にIPO投資を実践されている方々のブログ一覧
関連記事

月間収支+130万円 v(´∀`*v) 外為オプション2013年10月

10月の外為オプションの収支は、+130万円でした v(´∀`*v)

↓GMOクリック証券のトレードアイランドにてリアル口座の収支公開中♪
WS101579.jpg

WS101580.jpg

↓日々の収支をグラフにするとこんな感じ
WS101581.jpg

14~18日は、倍率が1.80を割っていましたのでお休みしました。
ってか、ホントはそこで引退のつもりだったんですけどね、暇だったんで翌週の倍率改善で即復帰^^;

11月初日は結構ヤバイくらいボコられてますが、11月も倍率が落ちない限りは続けたいと思います。



さてさて、現行のバイナリーオプションは、いよいよ11月が最終期限となりました。
各社続々と自主規制対応の新サービスへ切り替えていくはずです。

外為オプションも、新サービスの詳細が発表されましたね。 → 詳細は公式サイトでご確認くださいな。
11月16日(土)のメンテナンス以降、新サービスへ切り替え。実際の取引は18日から。
11月4日(月)から、新サービスのデモ取引が可能です。ま、勝てるかどうかはデモを見てからやね(;´∀`)

既に、サイバーエージェントFXが他社に先駆けて自主規制対応の『オプトレ!』を提供しています。
先日のFOMCの発表時に少し試してみましたが、かなり勝ちやすい印象で、なかなか良い感じでした。
(オプトレ!については、詳しくはまた今度)

新BOは開催間隔が長いため、どうしても取引チャンスは激減します。
各社競い合って、使える業者がどんどん増えてくれるといいですね~。
関連記事

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、一定時間後(判定時間)の為替レートの方向性を予想する商品です。

一般的に、
目標レートより高いか低いかを予想するラダーオプション、
2つの目標レート内に収まるか収まらないかを予想するレンジオプション、
目標レートに一度でもタッチするかしないかを予想するタッチオプション、といった種類があります。
また、業者によって商品の呼び方は異なります。(例:外為オプション、バイトレ、オプトレ)

予想が的中した場合は、購入時点での倍率に基づいたペイアウトを受け取ることができます。
決められた時刻(通常判定時間の1分~2分前)までは、途中で転売して損益を確定することもできます。
判定時間まで保有して予想が外れた場合の損失は、購入時のオプション料に限定されます。

リスクについても正しく理解してからご利用ください。 【 ▷ バイナリーオプションのリスク 】



関連記事
FOREX EXCHANGE

外為オプション

IG証券
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン