経済指標発表時のバイナリーオプション両建て手法(;´∀`)

通常のFXでは、為替レートが上がるのか下がるのか、どちらに動くのかを予測しなければ、利益を得ることは難しいですが、バイナリーオプションの場合は、必ずしもそれは最重要ではありません。
上下どちらでも良いので、満期までに大きく動けば良い、という購入方法もあります。

その典型的な手法が、「経済指標発表時の両建て」ですね。
簡単に言うと、決められた時刻に発表される指標によって、レートが大きく変動することを見越して、あらかじめ上下両方の外側のオプションを安く購入しておく、という手法です。
上下どちらでも良いので、大きく動きさえすれば、どちらかがヒットしてトータルで利益を得ることができます。



具体的に、2014/11/17 11時満期 外為オプションのドル円で実践してみました。

私が狙いを定めた経済指標は↓です。
WS0102518.jpg

普段はそれほど注目される指標ではないのですが、この時は「政府が消費税率再引き上げ延期の判断材料とする」と報道されており、非常に注目度が高く、為替レートが大きく変動することが予測できました。

発表直前のオプション価格はこんな感じでした↓

WS0102462333.jpg
(↑は実際の取引画面とは異なります。もちろん他の目標レートのオプションも自由に購入可能です。)

両建すると、満期の時点でどちらかの条件を満たしていれば1,000円のペイアウトを受け取れます。
この場合、 79円+65円 → 1,000円 なので、実質 6.94倍となります。

当然ですが、上下合わせて1,000円未満で購入しないと意味がありません。
途中で売却する可能性も考慮して、現実的には500円未満程度を目指すと良いでしょう(*´ω`*)

私はここで100枚ずつ両建てしてみました。
WS0102466.jpg


さて、いよいよ08:50の指標発表時刻となりました。
指標結果は、市場の予測を大幅に下回り、市場は大混乱となりました。

WS010246ewe3.jpg

あっという間に画面外まで突き抜け、レートは117円付近まで到達。

このまま満期の11時を待っても良いのですが、バイナリーオプションは、その時点で提示されている売却価格で売却することにより、満期を待たずに損益を確定することもできます。
(残り時間やその時点のレートから、ヒットする確率が高いほど高く売れます。)

今回の場合、満期までの時間が長いこともあり、レートが画面内に戻ってきてしまう可能性も高いため、すぐに利益確定することにしました。

WS0102466333.jpg

08:51の時点で116.90↑のオプションは、513円で売却することができました。
両建て合計144円 → 513円 ×100枚 で、36,900円の利益となりました。

と、本来はここでホクホク顔で終了。116.30↓のオプションは必要経費と諦めて放置していたのですが…、
なんとこの回は、満期までに一番上から一番下まで突き抜けるトンデモ展開に∑(゚д゚lll)

WS0102468.jpg

諦めていた116.30↓のオプションがまさかのヒット!
うまくやれば、↑を513円で利益確定、↓は満期まで保有で1,000円獲得というミラクル炸裂です。
両建て合計144円 → 1,513円 ×100枚 で、136,900円の利益を獲得することができたわけです。

あ、私は早い段階で↓を利益確定してしまいましたので、完璧にはいきませんでした^^;

WS0102455566.jpg

私の場合は、早めに利益確定して、 82,300円の利益となりました(*´ω`*)



もちろん、これはうまくいったパターンです。
思ったより動かなかった場合には損してしまうこともありますので、必勝法というわけではありません。

また、例えば雇用統計のように、ほぼ間違いなくレートがぶっ飛ぶ経済指標の場合、
あらかじめ外側のオプション価格が高めに設定され、簡単には利益をあげることができません。
指標発表で動きそうだけど、オプション価格が高いなぁ…と思ったら、無理せずにスルーするのが吉です。

外側が高すぎる場合は、逆に安くなっている内側を購入するという戦略もあるのですが、
かなりリスクも高いので、初心者にはオススメできません。まぁ、その辺はまた機会があったら(;´∀`)

外為オプション

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)
関連記事
スポンサーサイト

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2014年11月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 2013年12月~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2014年11月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
IG証券 99.7% 72.8%
オプトレ!
(YJFX!)
96.13% 76.23%
外為オプション
(GMOクリック証券)
95.82% 79.53%
みんなのバイナリー
(トレイダーズ証券)
95.15% 75.44%
LION BO
(ヒロセ通商)
91.9% 71.2%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
91.8% 81.9%

レンジオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
64.2% 66.7%

ワンタッチオプション
IG証券 83.2% 52.6%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
81.0% 84.6%

先月はIG証券がダントツで良い数字だったようですね。
あいかわらず安定して勝ちやすい設定を続けてくれています。
ただし、2014年12月の前半、ちょっとサーバーが重い?状態が続いていましたね。。
なんか重いなぁと思っていたら、数分間注文を受け付けてくれなかった、ということもありました。
特に雇用統計発表直後に数分止まったのはアカンよねぇ…。
12月10日現在は軽快な動作に戻っているようですが、ちょっと不安です(´・ω・`)

さてさて、現在イチオシの外為オプションは、先月はそこそこの数字でしたが、
12月はスプ・倍率が更に改善され、ボラの大きい相場も相まって非常に勝ちやすい状況のようです。
私は若干祭に乗り遅れてしまいましたが(´Д⊂ 8月の勝てすぎ祭の再来か?!

みんなのバイナリーは、スプが非常に安く、締め切り直前にも拡大していないのが良いですね~。
雇用統計時もチェックしてみましたが、ドル円のスプ80円のままでした。
まぁちょっと価格設定が高かったのですが、スプが安いので、場面によって使い道がありそうな気配。

余裕のある方は、上記三社とオプトレ!くらいは常時監視推奨ですぞ(*´ω`*)

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)
関連記事
FOREX EXCHANGE

外為オプション

IG証券
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン