国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2016年12月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2016年12月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
外為オプション
(GMOクリック証券)
96.51% 77.98%
IG証券 96.3% 70.4%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
95.2% 72.7%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
93.3% 75.3%
LION BO
(ヒロセ通商)
91.0% 72.5%
オプトレ!
(YJFX!)
90.34% 81.65%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
90.15% 75.28%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
95.62% 68.28%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
88.86% 69.23%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
75.4% 70.1%

タッチオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
90.7% 65.6%
IG証券 79.3% 77.2%


2016年、お疲れ様でした。12月もトランプラリー継続といった相場でしたね。
私も含めですが、「ここまで上がるとは…」といった感じであまりのれていない方も多そうかな。
2017年も焦らず頑張りましょう。生き残るのが何より大事(*´∀`)

さて、2016年12月の取引実績ですが、GMOクリック証券の外為オプションが一番良い数字でした。
トランプラリーのようなボラの大きい相場の時は、やはり外為オプションが強いですね。
他社はガチガチの対策しちゃうところが多いですが、かなりギリギリまで頑張ってくれる印象です。
今年もお世話になります(*´∀`*)

IG証券は、4ヶ月連続トップはなりませんでしたが、やはり良い数字ですね。
本当に毎月安定していて頼りになります。って毎月言ってすみません^^;
取引画面が使いづらいので敬遠している方が多いですが、使わないのはもったいないですよ~。
説明が下手で申し訳ないのですが、IG証券の取引方法について解説してありますのでよろしければ↓
→ 【 IG証券の取引方法&注意点など(2014/02/03) 】



過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

関連記事
スポンサーサイト

収支表2017(エクセルファイル)

今年もよろしくお願いします(*´ω`*)

2017年用の収支表(Excel用)です。FXでも株でもBOでも、ご自由にお使いくださいな。

収支表2017.xls(左クリックでダウンロード用ページへ)

当日の収支を入力すると、週間・月間・年間の収支を自動で計算して表示します。

WS0103872.jpg

↓グラフでも確認できます。

WS010355872.jpg

年間収支もグラフ等で表示されます。

WS0103021.jpg

画像の数字は適当です。これくらい稼げたらいいな(・∀・)
関連記事
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】