今、おそらく日本で一番安全で使いやすい取引所はQUOINE(←読める?)

日本の仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)といえば?
ビットフライヤー・コインチェック・Zaifあたりが有名ですかね。
でも、これらの業者さん、正直非常に評判が悪いです(;・∀・)

ビットフライヤー(bitFlyer)はビットコインFXの出来高が非常に多く、現在は日本の中心ですが、現物との価格の乖離・SFDの問題、なによりサーバーが重すぎてまともに取引できない場面が多々あり、みなさん不満だらけですね…。
コインチェックは言わずもがな…。セキュリティガバガバで巨額盗難事件の被害者となってしまいました。
Zaifは、頻繁に発生するバグ、サーバー障害による異常値ロスカットなど、問題山盛りです。

日本にはまともな取引所はないのか( ;∀;)
そんな悲鳴がそこかしこから聞こえてきますが、実は、あまり話題にのぼらないオススメの取引所があります。

それは、QUOINE株式会社です。
読み方は「QUOINE=コイン」です。まず、この社名が失敗なんじゃないかと…。誰も読めないし書けないよ(´Д⊂
「コインがいいよ」って言われても社名に聞こえないしね。。
TVCMもやっていませんし、ぶっちゃけアフィリエイト報酬がめちゃ安いです。コインチェックの1/10以下です。
なので、ブロガー・アフィリエイターがほとんど宣伝していないのも、あまり知られていない理由かなぁと。



では、具体的にどうオススメなのか、安全なのかについて。

まず、QUOINEは金融庁(関東財務局長)登録済みの仮想通貨交換業者。どこかのように"みなし業者"ではありません。
一番大切なセキュリティについては、仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所だそうです。
コールドウォレットとは、ネットから隔絶された環境に保管しているということで、ハッキングなどによる大規模な盗難の可能性が極めて低いということになります。
また、出金の際には、4段階のステップを設置し、意図しない出金を未然に防止しているとのこと。
(現状、出金・送金には1~3日ほどかかるので、そこだけは不便な点です。日・月ごとの上限もあります。)

WS0105088.jpg


取扱通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)など。
レバレッジ取引も可能で、最大レバレッジは25倍で国内最高です。(ビットフライヤーは15倍、GMODMMは5倍)
現物もレバ取引も共通の板取引なので、販売所形式のような異常なスプや現物とレバ取引の価格乖離もありません。

手数料は、ビットコインの取引は無料。ETHを含む通貨ペアは約定代金の0.10%、その他は0.25%。
レバレッジ取引のポジション料は、0.05%/日で、ビットフライヤー(0.04%)とほぼ同じですね。

取引画面は、↓こんな感じで、自由にカスタマイズでき、約定もサクサク(←これ重要)です。

WS0105086.jpg


スマホアプリも完備しています。


IMG_0723.jpg


そんなわけで、現状悪いところはほとんど見当たらない優秀な取引所なのですが、
いかんせん、分かりにくい社名と、宣伝に全然お金をかけていないので、一般にはあまり知られていません。

セキュリティ重視で出金に少し時間がかかりますので、頻繁に入出金したい方には向きませんが、レバレッジ取引をガンガンやりたい人、ビットフライヤーFXで重すぎるサーバーやSFD問題にウンザリしている人は、全員QUOINEに移動しても良いくらいだと思うんですけどね。

ただ、現在はサックサクですが、もし口座開設者が殺到すると、これが維持できなくなる可能性はあります…。
こっそり快適に使ってるのに拡散するんじゃねえ!って怒られそうですが、宣伝しちゃいます(*´ω`*)ゴメンネ

QUOINEX
関連記事
スポンサーサイト

異常値ロスカ祭連発のZaifで稼ぐ方法を考える(゜-゜)

最近、剛力彩芽さんを起用したテレビCMが始まったZaif(ザイフ)という取引所があります。
はじめに申し上げておきますが、非常に問題の多い取引所で、普通の方には全くオススメできません。
ただし、異常なレートをつけるということは、逆にそこで拾える可能性もありますので、状況を知っておいて損はありません。



Zaifはサーバー等に問題があるようで、取引所にアクセスできない、注文が通らないということが頻繁に発生します。
2月22日にも、大規模な障害によるビットコイン信用取引のロスカット連鎖が発生しました。
1分足チャートで見てみると↓こんな感じです。

WS0105061.jpg

21:50頃からジリジリと下落が始まり、100万円に到達したあたりからロスカット連鎖が始まります。
この現象は、サーバー等の問題で注文がほとんど通らなくなることが原因です。
今回も、下落による自動ロスカットだけが淡々と執行されて連鎖していく恐ろしい状況となりました。
こうなると、損切り注文も通らず、マイナスになっていく証拠金を眺めることしかできなくなります((((;゚Д゚))))

Zaifでは、このようなロスカット祭は頻繁に発生します。
明らかにシステムの異常が原因なわけですが、Zaifはこれについて補償することはしません。
苦情に対する返答も適当なようなので、被害に遭われた方は、泣き寝入りか裁判で争うしかないかもしれません。

さて、この時の他社のチャートを見てみると、↓こんな感じです。

WS0105065.jpg

Zaifの最安値63万円どころか、100万円すら割れていないのが通常のレートだということが分かります。
Zaifもシステムが正常に戻れば、通常のレートに戻るはずなので、何とかして安いレートの時に買うことができれば、ほぼ確実に大きな利益をあげることができたわけです。

注文が通らないことが原因で発生する現象ですから、事が起きてから注文を出しても遅いです。
このような障害が発生する予兆を感じたら、20~30万円離れた所に指値を置いておくのが良いかもしれません。

そして実はもう一つ、買うことができる裏技があります。それは「簡単売買」です。
スプレッド(買値-売値)が非常に高いので、通常時は利用してはいけませんが、値段が取引所に連動しているため、取引所のレートが異常になっている場合、その異常値で売買することができてしまいます。
障害発生時はこのページを開くこともできないくらい重くなりますが、買うことさえできれば即爆益です(^o^)

上記の異常発生時は、↓こんな感じの値段でした

WS0105063.jpg

この「簡単売買」の機能は、先日もビットコインとモナコインを0円で販売してしまうバグが起きたばかりです。
(0円販売の時は、さすがに取引取り消しになりましたが、ロスカ祭の場合は、今のところ取り消しはありません)

何か起きた時には「簡単売買」をチェック!ということを覚えておくと、お小遣いを拾えるかもしれません(*´∀`*)
関連記事

話題のKAZMAXさんに同期してたら1,219万円儲かったというお話(*´∀`*)

仮想通貨界隈に彗星の如く現れたKAZMAXさん(@Kazmax_83)をご存知ですか?
ビットコインのトレードを始めてたった2ヶ月で数億円を稼ぎ出したと話題です。
なんと1日で3億円稼いだ日もあるそうです(゜o゜;



KAZMAXさんは、ポジションをほぼリアルタイムでツイートしてくれるので、同期取引で爆益!といった報告も見かけます。
そんなわけで、もしKAZMAXさんのツイートにそのまんま同期したらどうなっていたのか検証してみました。

【検証ルール】
・同期するのは新規・決済のみ(買い増し・売り増しなどはしない)
・ツイート1分後のレートで同期する(12:00にツイートがあったら、12:01の始値で約定したものとする)
・レートはビットフライヤーのビットコインFXのレートで検証

ご本人はCCとビットフライヤーを使い分けておられますが、現在CCのレバ取引が取引不能なことを考慮
このため、ご本人がツイートしたレートと異なる場合が多々あります

bitFlyer

結果は↓の通りとなりました

検証結果

もし全て1枚で同期していたら、+121万円
もし10枚で同期していたら、+1,219万円稼ぐことができていたね。というタラレバのお話でした(*´∀`*)
(買い増し・売り増しなども同期していれば、もっと増えているはずですが、分かりづらくなるので今回は割愛)

ちなみに、1枚ポジるには10万円弱の証拠金が必要です。2ヶ月で10倍以上ってことですな(゜-゜)


チャートに書き出してみると、↓こんな感じになります(チャートクリックで拡大)

WS0105015-2.jpg

2018/01/04 10:57のロングポジションは、どこで決済したのか、ツイートを見つけることができませんでした。
私が見逃しただけかもしれませんが、こっそり損切りしちゃったのかな??

KAZMAXさんの過去の経歴としては、怪しすぎる情報商材の販売に関わっていたり、かなりアレレな感じですが、現在の実力・実績が本物ならええんちゃうって感じですかね。
自力で勝てないとお悩みの方は、ノッている人に丸乗りしちゃうのも一つの手だと思います。
もちろん真似して爆損しても全て自己責任やで!


ここまで書いといてなんですが、私個人は他人のポジションを真似るようなことはしません。
ただの暇なオジさんです(*´∀`*)
関連記事

国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2018年1月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2018年月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
外為オプション
(GMOクリック証券)
97.26% 78.45%
IG証券 95.1% 78.4%
オプトレ!
(YJFX!)
93.98% 76.97%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
92.9% 76.3%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
91.9% 80.0%
LION BO
(ヒロセ通商)
90.8% 74.9%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
87.09% 80.44%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
99.43% 68.09%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
92.00% 65.04%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
78.2% 70.7%

タッチオプション
IG証券 94.9% 63.2%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
87.4% 69.9%

最近、仮想通貨の盗難(ハッキング)など、非常に大きな問題が起きていますが、国内バイナリーオプションでしたら、そのようなトラブルはありません。当サイトでは、金融庁に認可された日本の業者のみをご紹介しております。
万が一、業者が倒産するようなことがあっても、みなさんの資産は法的に完全に保護されています(*´∀`*)
あくまで国内ですからね、国内。上記の一覧に載っていない業者は、海外業者ですから逃げられたら終わりです。

過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

関連記事
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】