新バイナリーオプション全社の月次取引実績 2014年3月分

2013年 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】


業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)

【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】

ラダーオプション
2014年3月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
オプトレ!
(YJFX!)
99.81% 66.27%
外為オプション
(GMOクリック証券)
99.52% 72.34%
IG証券 97.2% 71.3%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
97.0% 80.1%
LION BO
(ヒロセ通商)
95.8% 71.0%
みんなのバイナリー
(トレイダーズ証券)
92.37% 79.79%

レンジオプション
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
105.2% 62.6%
外為オプション
(GMOクリック証券)
104.23% 58.10%

ワンタッチオプション
IG証券 100.7% 63.9%

各社の競争が激しくなってきたようで、かなり良い感じになってきましたね~。

最近特に熱いのはレンジオプションですね。
外為オプションだけではなくバイトレも気がついたらレンジオプションできてました^^;
両社共、還元率104~105%という物凄い数字。これはやるしかないですな。

レンジオプションとは、上下を当てるのではなく、特定の範囲内に収まるかどうかを予測する商品です。
レートの動きがにぶいと予測した時に、レンジインオプションを購入するのがいいのかな。
高倍率を狙うのではなく、低倍率でコツコツ稼ぐ戦略が基本となりそうです。

↓はバイトレのレンジオプション取引画面です。
WS102110.jpg

バイトレは、指定されたレンジ幅だけでなく、幅を自分で自由に設定できるんですね。かなり面白そうです。
3月は還元率105.2%という全社全商品トップの数字。まだまだ未知数ですが今後も要チェックとなりそうです。

最後に、私イチオシのIG証券ですが、ラダーは相変わらず安定した数字できてますね。
スプレッドが非常に安いので、途中棄権を多用する方に大変オススメです。
最近は、ワンタッチオプションの還元率も非常に高いようで、今後も注目していきたいと思います。

現時点での勝ちやすさを勝手に予想して並べてみると、
未知数:バイトレ(レンジ)
外為オプション
(レンジ)
 >  IG証券
(ワンタッチ)
 >  オプトレ!
(ラダー)
 >  IG証券
(ラダー)
 という感じかな。

徐々に各社の特色が出てきて良い感じです。
なんにせよ、一社にこだわらず、各社見比べてその都度最良の業者を選択するのが吉ですかな(;´∀`)

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FOREX EXCHANGE

外為オプション

IG証券
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン