新バイナリーオプション全社の月次取引実績 2016年1月分

2013年 【12月】
2014年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2015年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2016年 【1月】 【2月】 【3月】 【4月】 【5月】 【6月】 【7月】 【8月】 【9月】 【10月】 【11月】 【12月】
2017年 【1月】 【2月】 【3月】


業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)

【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】

ラダーオプション
2016年1月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
外為オプション
(GMOクリック証券)
99.16% 77.17%
IG証券 96.6% 75.7%
みんなのバイナリー
(トレイダーズ証券)
96.53% 74.83%
オプトレ!
(YJFX!)
94.90% 78.01%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
94.6% 74.1%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
94.2% 78.1%
LION BO
(ヒロセ通商)
90.6% 76.9%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
98.60% 71.37%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
68.8% 75.0%

ワンタッチオプション
IG証券 114.7% 64.0%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
96.9% 69.6%

2016年1月は年初の株大暴落から始まり、大変な相場でしたね。。
株やFXで大きな損害を出してしまった方も多いのではないでしょうか。

逆に、バイナリーオプションにとっては非常にチャンスの多い月でしたね。
ボラが非常に大きいため、100円で買ったオプションが1,000円に!ということが頻繁にありました。
どんなに荒れた相場であっても、損失は購入価格に限定されますので、思い切った戦略が取れます。
バイナリーオプションの魅力を再確認できた月でもありました。

IG証券は、こんな時でも安定していますね。
特にワンタッチオプションが114.7%という物凄い数字(´゚д゚`)
購入可能額が無制限ということもあり、勝負かけた人がとんでもない利益を獲得したようですね。
取引画面が分かりづらいこともあり敬遠されている方もいると思いますが、どんな時でもたよりになるIG証券は是非口座を持っておいていただきたいです。取引方法等は↓の記事でご確認ください。
→ 【 IG証券の取引方法&注意点など(2014/02/03) 】

そして、大荒れ相場で最強なのは、やはり外為オプションですね。
トレーダーランキングも大盛り上がりでしたヽ(=´▽`=)ノ → トレードアイランド
大荒れの相場の場合、スプレッド拡大などの対策を取らないと客が勝ちすぎてしまうので、各社早めに対策を取ってくるのですが、こういう時でも外為オプションはギリギリまでサービスしてくれることが多いです。
結果、1月は99.16%と赤字寸前になっていますから、本当にありがたい経営方針ですm(_ _)m

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

FOREX EXCHANGE

外為オプション

IG証券
・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】

    デューカスコピー・ジャパン