国内バイナリーオプション全社の月次取引実績 2016年11月分

業界自主規制により、月ごとの取引実績を公開することが各社に義務付けられました。
あくまで先月分のデータですが、全業者を比較してどこが一番勝ちやすかったのかの目安となります(;´∀`)
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】

【 ▷ 国内バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`) 】(←随時更新中)

ラダーオプション
2016年11月 総取引金額に対する、
総支払金額の割合
(高いほど良い)
取引口座に対する、
損失発生口座の割合
(低いほど良い)
IG証券 98.9% 76.4%
外為オプション
(GMOクリック証券)
96.00% 79.36%
オプトレ!
(YJFX!)
93.95% 82.19%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
93.6% 76.4%
選べる外為オプション
(FXプライムbyGMO)
92.2% 78.8%
LION BO
(ヒロセ通商)
92.1% 76.9%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
88.01% 79.95%

レンジオプション
オプトレ!
(YJFX!)
121.44% 55.21%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
103.1% 64.1%
みんなのオプション
(トレイダーズ証券)
86.14% 62.50%

タッチオプション
IG証券 90.0% 62.6%
バイトレ
(FXトレード・フィナンシャル)
78.5% 77.8%

11月もIG証券が一番良い数字でしたね。
アメリカ大統領選に絡む混乱とボラの大きな相場が続き、各社対策ガチガチという感じで低めの数字となってしまいましたが、IG証券はいつも通りの使いやすい設定でしたね。
他社と比べ目標レートが多く設定されておりますので、ボラの大きな相場でも様々な戦略が立てられました。
スプが狭く途中利確しやすい点も含めて、IG証券の良い所がバッチリはまった月だったと思います。



過去の顧客損益率の推移は下記の記事にまとめるようにしましたのでご確認ください。
【 ▷ 過去~最新の顧客損益率の推移はこちら 】【←随時更新中】

各社の詳細や、最新条件を考慮した新BOおすすめランキングは下記の記事にまとめています。
【 ▷ 新バイナリーオプション業者 結局どこが一番良いのか(;´∀`)】

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

・人気の記事
・外為オプション攻略
・プロフィール

名前:ふさふさ

ニートレーダーふさふさです
雑誌で紹介されました (∀`*ゞ)

マネーポスト
(2014新春号)
ダイヤモンドZAi
(2012年11月号)


バイナリーオプションランキング




・カテゴリ一覧
・自作インジケーター
・ブログ内検索 / RSS


*ご注意*
ブログへのリンクはご自由に。
ブログ内で配布しているインジケーター等は
全て無料ですが、著作権は放棄しません。
紹介してくださる方はブログ記事へリンクを。

インジの不具合や、検証数値の記載ミス等による損害が発生しても、責任は負えません。
最終的な投資判断は自己責任にてm(_ _)m


【 バイナリーオプションとは? 】
【 バイナリーオプションのリスク 】